映画監督・吉田大八
~オススメの作品「桐島、部活やめるってよ」~

■「桐島、部活やめるってよ」作品概要:
バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく……。

野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。

■主なキャスト:

神木隆之介、橋本愛、大後寿々、前野朋哉、岩井秀人

■吉田大八監督を好きな理由:
この映画でまず驚くのは、役者の演技の生々しさ。説明がなくても、その人の性格やまわりとの人間関係が伝わってくるほど。そのリアルさを生み出したのは、監督が提案したワークショップ形式のオーディション(5次選考)と、1ヵ月以上の泊り込みでの合宿形式での撮影。

ふつうは役ごとにキャストを決めるところを、「役者どうしの相性で決めた」という監督の話がけっこう衝撃的でした。

橋本愛とか美人過ぎて浮いちゃったりして、なかなか使い方が難しい役者だと思うんですが、そんな彼女の空気感もひっくるめてピッタリと役に当てはめてきていたのはホントに凄いなと思いました。

■「桐島、部活やめるってよ」の好きなシーンやオススメの理由:
おとなしい女の子が、好きな人(彼女いる)につられて一緒に窓の外に目を向けるシーン。その二人の背中を写した絵が、ほんっとにせつなくって、これがほんとの「青春」だ! と思いました。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。