公示地価が発表されました。全国平均で日本の地価は前年比4.6%下落し、2年連続で前年を下回りました。

18年間下がり続けた地方圏の地価

日本の地価はバブル経済時の1989年をピークにして下がり続け、2006年から2008年にかけていったん上がり始めたものの、リーマンショックに端を発する世界同時不況のあおりを受けて、再び下がっています。

2006年のミニ・バブルの恩恵に浴さなかった地方圏の地価は、これで18年間下がり続けたことになります。

地価の動く要因

土地の値段はいくつかの要因によって変動します。
  • 住宅着工戸数
  • 物価上昇率
  • 金利水準
  • 銀行の貸出し姿勢
以上の要因が、今後の地価を上昇させる気配は感じられません。
すると、日本の地価はこれからも下がり続けるのでしょうか?

下がっている地価、この折り返し地点はどこなのか?興味深い仮説は次ぎのページで!