天然記念物の野性鹿と触れ合える奈良公園

 

 

奈良公園の鹿は、その昔春日大社の御祭神武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を鹿島神宮から迎えたときに鹿に乗ってやってきたという言い伝えから、神様の使いとして市民に親しまれ、天然記念物にも指定されています。

人に慣れ、奈良公園及びその周辺を自由に闊歩している姿から市に飼われているのかと思いがちですが、れっきとした野生動物。そのため、彼らと接するときは注意が必要です。特に出産期や発情期は気が荒くなるので、気をつけましょう。

奈良の鹿は世界で唯一お辞儀をする野生の鹿としてとても有名(実際に彼らがお辞儀だと意識しているかはわかりませんが)。公園内でよく見かける鹿せんべいはその売り上げの一部が鹿の保護に役立てられているので、鹿にあげてみてください。お辞儀をしてくれるかもしれませんよ。

■奈良公園
住所:奈良市雑司町469番地
TEL:0742-22-0375
開園時間:終日解放
閉園日:無休
入園料:無料
アクセス:「近鉄奈良駅」または「JR奈良駅」から奈良交通バスで市内循環外回り(2系統)「氷室神社・国立博物館」・「大仏殿春日大社前」・「春日大社本殿」下車
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-1713.htm
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。