釘を一本も使っていない建築物「武雄温泉楼門」(佐賀)

 

 

楼門は釘を一本も使用していない建築物で、現在復元工事をされている東京駅を設計した辰野金吾氏の設計だそうです。新館のお風呂は実際に使用しているのかわかりませんが、見学できるようになっていました。

私はこの敷地内にある元湯に入りましたが、天井が高く、梁がすばらしかったです。ただ、結構なお湯の熱さだと思います。男湯で45度です。でもきもちいいです!

■武雄温泉株式会社
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425番地
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.takeo-kk.net/rekisi.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。