普通列車さえ通過? 鉄道ファンに人気の秘境「坪尻駅」

 

 

鈍行列車でのんびり旅したい時におすすめの観光スポット、それが秘境「坪尻駅」です。

この駅なんと、1日の平均利用者数が2人! 緑深い山間の谷底に駅があり、周囲に人家はありません。そして、車では近づけず、山道を歩くしかない。普通列車しか停車しないのに、中には通過してしまう普通列車さえある……。という驚きの逸話だらけで、鉄道ファンの間では超有名。

ちなみに「2人」というのは地元に住むご夫婦のことらしく、他に利用する人はほとんどないそうです。確かに、私が乗車した時も地元の方は誰も降りませんでした。というか、そもそも地元らしき人は2、3人しか乗っておらず、代わりに鉄道ファンと思しき人々が数人降りて撮影大会。もちろん私も参加です。

また、秘境駅ならではのレトロな雰囲気が魅力です。実はこの駅、スイッチバックという方式が採用されていて、それを見るのも鉄道ファンにとっては楽しみの一つ。でも、木造の駅舎は味があるし、空気は澄んでおいしいし、スイッチバック方式って何?という人も十分楽しめると思います。

この「坪尻駅」があるJR土讃線を利用すれば、金刀比羅宮や善通寺、祖谷口、大歩危、小歩危という観光スポットにすべて行けます。時間をうまく使えば、わざわざ「坪尻駅」だけに行く、ということもありません。JR土讃線上には、高知駅や「ごめん」というおもしろい名前の駅もありますよ!

住所:徳島県三好市池田町西山(JR土讃線「坪尻駅」)
地図:Yahoo!地図情報
JR四国HP:http://www.jr-shikoku.co.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。