日露戦争で奮戦した戦艦「三笠」 

 

 

横須賀駅より徒歩10分程で到着する三笠公園に、戦艦「三笠」はあります。日露戦争の際、東郷平八郎率いる連合艦隊として奮戦した戦艦です。

三笠の前には、東郷平八郎の像が出迎えてくれます。船内に入り、隅々まで見て回ることができます。特に、30cmの主砲は、びっくりする大きさで存在感があります。現在は、全てレプリカですが、それでも迫力があります。

艦内の中甲板上には展示室があり、船首飾りや実際に着用した軍服など、当時の様子を知ることができます。

合わせて、汐入駅近くから軍港クルーズもあります。観覧船にのって約1時間の軍港めぐり。海上自衛隊の護衛艦が数多く見られます。

私が行った時は運よく、空母ジョージ・ワシントンを見ることができました。護衛艦に乗っている隊員の方たちが手を振ってくれたりもします。三笠とセットで、軍港めぐりを予約をすることをお勧めします。

記念艦「三笠」
住所:神奈川県横須賀市稲岡町82-19
TEL:046-822-5225
営業時間:4月~9月(9:00~17:30)、3月・10月(9:00~17:00)、
11月~2月(9:00~16:30)
休艦日:12月28日~12月31日
料金:観覧料 一般500円、65歳以上400円、高校生300円、小中学生無料
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。