初代米沢藩知事のお屋敷で米沢の郷土料理に舌鼓「上杉伯爵邸」

 
山形のおすすめグルメといえば、「上杉伯爵邸」を挙げます。

“天地人”の影響で有名な観光地になった山形県米沢市。上杉家十代藩主上杉鷹山公はその昔、凶作に備える施策として「かてもの」という食の手引書を作り藩内に配付したそう。その「かてもの」がまさに米沢の郷土料理の元となったのです。

上杉伯爵邸は、再建された初代米沢藩知事・上杉茂憲公の元お屋敷内でゆっくりくつろげる和食のお店。美しい庭園を眺めながら、膳を彩る山菜・野草・鯉などの郷土料理をお手頃な価格で味わうことができます。

雪の膳(2100円)は、数種類の野菜のお浸し『冷汁』、米沢牛が入った『いも煮』、骨まで軟らかい『鯉の甘煮』、塩鮭の『押しずし』、細かく切った夏野菜のお漬物『だし』、この土地ならではの『くるみ寒天』などの郷土料理が朱の膳に盛り付けられ、見ているだけで楽しくなる和膳となっています。いろいろなものをちょっとづつ食べたい女性には特にお勧めのランチです。

お腹がいっぱいになったあとは庭園を散歩するのもよいでしょう。登録有形文化財になっているこの建屋。ゆっくり眺めてみてください。

■上杉伯爵邸
住所:山形県米沢市丸の内1丁目3-60
アクセス:JR米沢駅からタクシーで10分
地図:Yahoo!地図情報
開館時間:10:00~午後21:00
休館日:毎週水曜日(4月~11月まで無休)
TEL:0238-21-5121
URL:http://hakusyakutei.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。