昭和の雰囲気も楽しめる「浅虫温泉駅 鶴亀屋食堂」(青森)

鶴亀屋“食堂”というだけあって、かつては本当に小さな食堂という風情でした。昭和の中頃から有名になり、今ではテレビの取材も入る、かなりの人気店です。

いま一番有名なのはマグロ丼でしょう。盛りに種類があって、大盛りは男性3人以上という但し書きが付くぐらいの量です。マグロ丼は日本海産の天然マグロとそれ以外(メバチなど)の2種類ありますが、入荷していれば天然マグロのほうがオススメになります。

日によって多少メニューが変わるのですが、実は私の一番のオススメは陸奥湾産のウニの入っているメニューです。意外だと思いますけど、陸奥湾、ウニも採れるんですよ。しかも美味しいんです。

お高いメニューばかり紹介しましたが、一般的な定食もラーメンもあるので、ごく普通に昭和の“食堂”として楽しんでいただきたいお店です。

■鶴亀屋食堂
〒039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷293?14
TEL:017-752-3385
アクセス:青い森鉄道 浅虫温泉駅から八戸方面に向かって徒歩数分
※電話は「つながったらラッキー!」だそうです。
地図:Yahoo!地図情報



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。