『借りぐらしのアリエッティ』の舞台イメージとなった「盛美園」

ジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』に出てくる古い屋敷やお庭に、舞台イメージとなった場所があることをご存知ですか?
舞台イメージとなったのは、青森県平川市にある国指定名勝の「盛美園」。その魅力をご紹介いたします。
盛美園の入口です

盛美園の入口。この奥に明治時代の日本三大名園のひとつがあります


国指定名勝「盛美園」の風景

盛美園は明治時代の日本三名園のひとつ。津軽地方に数多くみられる武学流の造園を代表する庭園で、国の名勝に指定されています。北条氏の家臣の血を引く明治時代の大地主、清藤盛美が小幡亭樹宗匠を招き、9年の歳月を費やして作庭。その面積は3600坪にもなります。

庭園のつくりは、池を中心に築山と草の平庭から成り立っています。中央に池泉と枯池の二段。池泉には神仙島がつくられていて、その島には蓬莱の松が植えられています。
石の階段

お庭の中心となる池には石の橋が。あずまやのある築山へ通じています

築山は池泉の左方に「真」の築山、右方に「行」の築山があります。「真」にはあずまや、「行」には盛美神社があり、松・楓・つつじなどが添えられて趣のある風情となっています。
「真」の築山から見る盛美館

「真」の築山から見る盛美館。庭園の「和」と館の「洋」の調和が、盛美園の世界です

この庭の一角にある「盛美館」は、庭園を鑑賞するために建てられました。一階が和風、二階が洋風という建物は、ほかに例のない和洋折衷スタイルです。建物に強い印象を与える二階の八角の展望室からは、全庭を見渡すことができます。空中に浮いているような感覚から空中楼閣とも呼ばれているそう。二階の見学はできないのですが、その景色を写した写真が一階に展示されています。
明治文化の面影を忍ばせる、和洋折衷様式の盛美館

明治文化の面影を忍ばせる、和洋折衷様式の盛美館

一階は自由に見学することができます。客間に座して望む見事な庭園の風景は、ゆっくりと楽しみたいものです。
盛美館1階の書院窓と客間脇の廊下。随所に庭園を鑑賞するためのくふうが

盛美館一階の書院窓(左)と客間脇の廊下(右)。随所に庭園を鑑賞するためのくふうが

敷地内には御宝殿もあり、決められた時間に見学することができます。全面を金で覆い尽くした堂内の両側には、豪華絢爛を極めた三部五枚の蒔絵が。そのうちさくらに孔雀の蒔絵は日本最大のもので、漆芸の最高峰をいくものといわれているそうです。盛美園を訪れたら、ぜひ入ってみてください。

次は、アリエッティにちなんだ見どころ!>>>