青森「西洋茶寮 salon de 甚兵衛」の「藩士の珈琲」

弘前は、コーヒーととても縁が深いことをご存知ですか? 約150年前、北方警備のため北海道に赴いた藩士たちへ、むくみの予防薬として配給。長崎出島の特権階級を除くと、日本で最初に珈琲を飲んだのは彼らだったそうです。

この逸話に基づき、幕末当時の味や淹れ方を再現したのが「藩士の珈琲」。程よい量感となめらかな舌触り、上品なアロマが特徴です。市が発行している「珈琲の街ひろさきガイドマップ」を見ながらカフェ巡り。

私のお気に入りは、「西洋茶寮 salon de 甚兵衛」。着物姿の女性スタッフがもてなしてくれる、大正浪漫風サロンです。こちらの「藩士の珈琲」は、急須で布出し。「木村さんの奇跡のりんごかりんとう」が付いてくるのもお得です。
http://www.naritasenzo.co.jp/iinkai/index.html

■西洋茶寮 salon de 甚兵衛
住所:弘前市下白銀町2-1(百人町展示館内)
電話:0172-35-7430
時間:9:30~18:00
定休日:なし
地図:Yahoo!地図情報


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。