片倉景綱の墓標、一本杉が高々とそびえる傑山寺

  
伊達政宗を語るときに忘れてはいけないのが、右腕として活躍していた片倉小十郎景綱。歴史好きな人たちならきっとそう思うのではないでしょうか。

白石城から車で10分弱のところにある「傑山寺」。ここは片倉家の菩提寺です。最近、本堂前に片倉小十郎景綱の銅像を建てたそうで、まるで待っていてくれたかのようでした。一般の方のお墓の間を通り抜けて、小高い山の中腹まで登っていくと、T字路のような感じで道が左右に分かれます。右側に行ってみるとそこには片倉小十郎景綱の墓標である一本杉があります。

敵にお墓を暴かれないようにということで、お墓ではなく一本杉を墓標にしたとのこと。天まで届くのではないかと思えるような大きな一本杉の前に立つと、何となく景綱に会いに来たと感じてしまう不思議さも。そして先ほどのT字路を今度は左に行くと、片倉家の代々のお墓が立ち並んでいるのです。白石の有名な場所は「白石城」と言う人も多いですが、ぜひこの傑山寺も観光地として訪れてみてはいかがでしょう。

■臨済宗妙心寺派 常英山 傑山寺
住所:宮城県白石市南町2丁目7-20
地図:Yahoo!地図情報
TEL:0224-25-9258
URL:http://www.kessanji.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。