大津波にも負けず、松島を見守る「五大堂」

 
宮城のおすすめスポットといえば、松島の「五大堂」を挙げます。

松島と言えば、やはりこの五大堂が一番有名かもしれません。五大堂には、海の上にかけられた赤い短い橋を渡っていきます。赤い橋はかなり高いところにあるので、足元から見える海に怖さを感じる人もいるかもしれません。小さなお子様連れの場合は、必ず手をつないで渡るようにした方がいいでしょう。

趣のある感じでひっそりと佇むその建物には荘厳な歴史を感じることができるはず。昨年の大地震による大津波にも負けず、今もそこで松島を見守っている感じがします。観光客の方たちは松島の海沿いの国道45号線からすぐに行けるので、最初にそこを見てから松島の観光をスタートさせるようですね。

早い時間帯だとあまり人もいないので、五大堂の周りをゆっくり見ることができますが、お昼近くになるとどんどん観光客の方たちが増えてくるので、写真を撮りたい方はその辺も考えた方がいいでしょう。

■五大堂
住所:宮城県宮城郡松島町松島町内111
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://www.matsushima-kanko.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。