仙台市民に広く愛されている 「さいちのおはぎ」

秋保さいちのおはぎ

さいちのおはぎ

仙台でおはぎと言えば「さいちのおはぎ」といっても言い過ぎではありません。仙台の人に愛されているソウルフード、それが「さいちのおはぎ」です。

仙台駅の一階で曜日限定で11時から販売しており、短い時間で完売していしまうという幻のおはぎ。

まず驚くのは大きさですが、意外とペロリと食べられてしまう秘密は、あんことおはぎのバランスです。あんこが少なめだと口飽きしてしまいますが、心配ご無用。食べ終わった後に、あんこが余るほどのあんこびっしりで、一口頬張ると、また一口、また一口と後を引く美味しさ。ちょっと多めにみつもらないと、もしかしたら自分が食べる分がなくなってしまうかもしれません。

おねだんもソウルフードだけあって、リーズナブルなので思う存分仙台のグルメとしてお楽しみ頂けます。あんこ、ゴマ、きなこなど味も様々ですが、やはりオススメはあんこですね。

秋保の「さいち」というスーパーがもともと販売しているのですが、そのスーパーでだけは「納豆おはぎ」が加わります。どうしても納豆おはぎが食べたい場合は、秋保のさいちに足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

仙台市民に広く愛されている「さいちのおはぎ」でぜひ仙台を感じて頂ければと思います。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。