お茶の時間に笑いを添える宮崎土産の「なんじゃこら大福」

 

 

宮崎のお土産に甘いものをお探しなら、こちらの大福はいかがでしょうか。インパクトの強いネーミングのこの大福。宮崎の老舗「お菓子の日高」さんの看板商品です。

■一体どこが「なんじゃこら」?
1. 見てびっくり!
こぶし大で、ずしりと重い。箱に鎮座するどっしりした姿に「なんじゃこら」。食べきれるだろうか?食べ切ってしまっていいだろうか?ときっとモヤモヤするはずです。

2. 食べてびっくり!
もちもちの生地にたっぷりの粒あん。そして……いちご、栗、クリームチーズ! ごろごろ出てくる中身に「なんじゃこら」。いちごや栗が入っている大福はよく見かけますがクリームチーズを加える発想には脱帽。酸味がうまく全体のバランスをとってくれています。

私は、初めてこの大福をいただいた際、その大きさや中身の組み合わせに「宮崎らしさ」を感じました。温暖な気候の影響でしょうか、やわらかい方言の効果でしょうか。宮崎には、おおらかな方が多い気がします。時の流れまでゆっくりに感じます。そんな宮崎が生みだした心温まるお菓子。丸かぶりして贅沢気分を味わうもよし、カットしてみんなで分けるもよし。宮崎の空気を持ち帰って、美味しいお茶を淹れて、いい時間をお過ごしください。

※同店には「なんじゃこらシュー」というシュークリームもあります。
洋菓子派の方はこちらもチェックしてみてください。

■お菓子の日高
(本店)
住所:宮崎県宮崎市橘通西2丁目7-25
定休日:年中無休(元旦を除く)
営業時間:09:30~21:30
電話:0985-25-5300
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://hidaka.p1.bindsite.jp/index.html
※宮崎駅にも店舗があります。残念ながら、宮崎空港には店舗はありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。