妥協のない菓子作りをする板屋の和菓子の代表作『菰かぶり』


undefined

 


加賀藩前田家の家紋『剣梅鉢』を商標にしている板屋は、昭和21年創業と金沢の御菓子処としては比較的まだ新しい店ですが、すでに老舗の風格を漂わせています。

素材を吟味し、妥協のない菓子作りをする板屋の和菓子は評価が高く、とても人気です。代表的なものは『香林』と『菰かぶり』。どちらも栗を使用した逸品です。

第20回全国菓子博名誉総裁賞を受賞した『香林』は、はなまるマーケットのおめざで紹介されたことがある、蒸しカステラにマロンを添えた、まろやかな口当たりの御菓子。

『菰かぶり』は、藁筵を二つ折りにした袋を形どった柔らかな外皮に粒あんを敷き、その上に蜜漬けにした阿南(徳島)の栗を丸ごと1個どんと乗せて一緒に包み、アクセントに海苔をあしらった、見た目にも可愛らしい和菓子です。

大粒の栗はほくほくしていて食べ応え十分。粒あんは優しい風味に抑えてあり、栗の風味と見事にマッチしており、あんこが苦手な人でもお勧めです。

斯く言う私自身があまりあんこは得意ではないんですが、『菰かぶり』に関してはまったく平気で、それどころか、これなら幾つでも食べられるというくらい美味しかったです。

1個221円と決して安くありませんが、1個から買えるので、ぜひ試してみてください。


■住所:金沢市木ノ新保町1-1(金沢百番街・おみやげ館)
■TEL:076-260-3780
■営業時間:8:30~19:00
■定休日:無休
■アクセス:JR金沢駅構内
■URL:http://www.itaya-net.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。