江戸時代より伝わる原嶋屋総本家の「焼きまんじゅう」

群馬を訪れたら、ぜひお土産としてオススメしたいものがあります。それは、原嶋屋総本家の「焼きまんじゅう」です。

普通のおまんじゅうは蒸かしてつくるのですが、この「焼きまんじゅう」は、小麦粉に米麹を入れて発酵させたおまんじゅうにタレを何度も繰り返しつけては、丁寧に焼いてつくられます。ちなみに、おまんじゅうの中には何も入っていません。

おまんじゅうにつけるタレは、赤ミソやザラメなどを使った“秘伝のタレ”だそうです。これがまた、香ばしくてたまらないんです。匂いを嗅ぐだけで食欲がわいてきます。

原嶋屋総本家は、なんと江戸時代から続いているお店だとか。「焼きまんじゅう」のおいしさを味わえば、それだけの長い間愛され続けてきた理由もわかります。

お店で焼き立てを食べるのが一番おいしいかもしれませんが、持ち帰りでも十分にその味わいを楽しめます。群馬土産に、ぜひお試しあれ!

■原嶋屋総本家

住所:群馬県前橋市平和町2-5-20
電話:027-231-2439
アクセス:JR前橋駅から関越交通緑が丘町・総合スポーツセンター方面行きバスに乗車、「三中前」下車すぐ
地図:Yahoo!地図情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。