1.榛名湖ビックサマーフェスタ 榛名の祭り花火大会

2018年8月3日 榛名湖全域
湖の上に咲く色とりどりの花火 

湖の上に咲く色とりどりの花火 (写真提供 : 榛名観光協会)

群馬県西部に位置する榛名湖 (はるなこ) は、伊香保温泉やパワースポットとして知られる榛名神社にも近く、高原の涼しさを求めて多くの観光客が訪れる人気のスポットです。その湖周辺で毎年恒例になっている夏のイベント 「榛名湖ビッグサマーフェスタ」 が、7月14日 (土) から8月26日 (日) まで行われます。大物バス釣り大会や宿泊者対象の蛍ナイト、榛名湖ミュージックフェスティバルなど、様々なベントが予定されています。

なかでも注目なのが、8月3日 (金) の大花火大会です。19時からは灯籠流し(当日参加可)、19時半からは湖に約3000発の花火が打ち上がります。榛名湖だからこそできる、ボートから投げ込む水中花火は見応え抜群です。

【DATA】
日時:2018年8月3日(金)
19:30~21:00(予定)※雨天の場合8月10日(金)に順延
会場:榛名湖畔全域
アクセス:
車の場合→関越自動車道 渋川・伊香保ICから約40分
(当日18:30~21:30まで榛名湖畔の周遊道路は右回りの一方通行となります)
電車の場合→JR高崎駅から榛名湖行きバスで約90分 JR渋川駅からバスで約60分
駐車場 : 湖畔周辺に数箇所の無料駐車場あり
問い合わせ先 :
027-374-5111(高崎市榛名支所・産業観光課内 榛名の祭り実行委員会)
027-374-9900(花火大会当日専用)
URL:はるなび http://harunavi.jp/
 

2.第44回高崎まつり大花火大会

2018年8月4日 烏川、和田橋上流河川敷付近
高崎の夏を彩る花火 

高崎の夏を彩る花火 (写真提供 :高崎市)

 高崎の夏の一大イベント 「高崎まつり」 が今年も開催されます。2日間にわたり、高崎の中心市街地では神輿や山車巡行などの伝統的イベントのほかに、阿波踊りや盆踊り、福引、開運高崎食堂など “参加して楽しめるプログラム” が予定されています。

北関東最大級の花火大会は、約15000発の花火が夜空を彩ります。高崎の花火は、より多くのお客様に間近で迫力ある花火を見ていただけるよう、打ち上げ場所に近いエリアを一般開放しています。今年も約58000人分の無料観覧場所を開放するほか、有料観覧席も設けられます。また、足の不自由な方にもご家族一緒に車からゆったりと花火を観覧して頂ける会場も新設しました。

高崎は都心から車で2時間弱、新幹線で約50分の距離です。週末ミニトリップで、伝統的な日本のまつりと、あでやかな花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【DATA】
日時:2018年8月4日 (土) 19:40 ~ 打ち上げ開始
※雨天、荒天の場合は8月5日(日)に順延
会場:烏川、和田橋上流河川敷付近
観覧料:無料観覧席あり、有料観覧席(前売り券4000席 / 当日券200席)
※詳細は 第44回高崎まつりオフィシャルサイトをご確認ください
問い合わせ先 : 027-321-1257 (高崎まつり実行委員会)
URL : 高崎まつりオフィシャルウェブサイト https://www.takasaki-matsuri.jp
 

3.赤城山夏まつり Mt.Akagi Summer Festibal2018

2018年8月4日 赤城山、大沼湖畔
赤城神社周辺から見た風情ある花火 

赤城神社周辺から見た風情ある花火 (写真提供 : 公益財団法人前橋観光コンベンション協会)

赤城山の夏を彩るサマーフェスティバルが、8月4日(土)に開催されます。当日は赤城神社での神事のほか、体験イベントとして手漕ぎボート大会やスラックライン (ベルト上のラインの上を歩いたり飛んだりするスポーツ) の無料体験、大沼湖畔ではジャズコンサート、灯ろう流し、フィナーレ花火などが行われ、一日楽しめるプログラムとなっています。

このイベントのフィナーレに打ち上げられるのが、20分にわたる花火大会です。約800発の花火が湖面を彩り、周辺の景色と融合した幻想的な光景が見られます。

【DATA】
日時:2018年8月4日(土)  19:20 ~ 19:40 (予定) ※荒天の場合中止
会場:赤城山 大沼湖畔
アクセス:車の場合→関越自動車道 赤城IC、前橋IC、北関東自動車道伊勢崎ICから約70分
電車の場合→JR前橋駅から直通バス運行 「あかぎ広場前」 降車すぐ
駐車場:湖畔周辺に約700台規模の無料駐車場あり
問い合わせ先:027-210-2189 (赤城山夏まつり実行委員会事務局)
URL:前橋まるごとガイド http://www.maebashi-cvb.com/event/10_akaginatsu/
 

4.第62回前橋花火大会

2018年8月11日 利根川河川敷及び大渡橋周辺緑地
前橋花火

涼しい河川敷で見る花火は解放感いっぱい (写真提供 : 前橋花火大会実行委員会)

前橋の花火大会は、終戦直後の昭和23年に行われた復興祭を起源とする歴史ある夏のイベントです。今年も8月11日(土)の夜に利根川の河川敷で打ち上げられます。

また、前橋はおいしい豚肉を使ったご当地グルメでも知られています。花火大会当日も会場で豚肉料理No1を決める 「T-1グランプリ」 の過去の大会で上位に輝いた名店が自慢のメニューを販売します。花火と前橋グルメを一度に楽しめる “一粒で二度おいしい” イベントです。

開放的な雰囲気のなか、空にはスターマインや仕掛け花火など約15000発の花火が打ち上げられます。なかでも前橋が発祥とされている 「空中ナイアガラ」 や、大渡橋を使った 「スペクトルナイアガラ」 は迫力満点で、見逃せません!

【DATA】
日時:2018年8月11日(土)  19:00 ~ (開会式)、19:20~20:40頃まで打ち上げ
※荒天の場合は翌8月12日(日)に順延
会場:利根川河川敷及び大渡橋周辺緑地
アクセス:車の場合→関越自動車道、前橋ICから国道17号・県道105号経由で約15分
電車の場合→JR前橋駅から路線バスや臨時バスで約15分、下車後徒歩で約10分
駐車場:会場周辺に約5000台分の無料駐車場あり
問い合わせ先:事前問い合せ 027-235-2211 (前橋観光コンベンション協会)
当日問い合せ 027-234-9225 (開催本部・実施委員会)
URL : 前橋花火大会オフィシャルウェブサイト http://maebashihanabi.jp/
 

5.大日向の火とぼし

2018年8月14日、15日 南牧村大日向地内・大日向橋

南牧村火とぼし

暗闇に丸の文字が浮かびあがる様子は厳粛かつ荘厳 (写真提供 : 南牧村情報観光課)

「大日向の火とぼし」 は、甘楽郡南牧村大日向地区に約400年以上も昔から伝承される盆の先祖供養の火祭りです。県内最大級の規模を誇るあばれ祭りとされ、長さ2~3メートルの縄にくくり付けたワラ束を燃やし、子どもをはじめ地区の男性たちが橋の上や川原で2~3人ずつでグルグルと回す壮観な火祭りです。
村で脈々と受け継がれてきた伝統的な地域のお祭りは花火とはひと味違い、橋から丸い炎が闇の中に浮かび上がる様子はとても幻想的です。

また、8月14日は南牧村役場の広場において 「なんもくふるさと祭り」 も開催され、芸能人によるショーや花火の打ち上げなどを実施する予定です。

南牧村は 「滝の村」 と呼ばれるほど多くの滝があります。夏は涼を求めて、冬は凍った荘厳な滝の姿を求めて県内外から多くの人が訪れる “滝スポット” です。火とぼしと共に、滝めぐりを楽しむのもおすすめです。

【DATA】
日時:2018年8月14日(火)、15日(水) 両日とも18:00時頃から
会場:南牧村大日向地内・大日向橋 (安養寺付近)
観覧料:無料
アクセス:車の場合→上信越自動車道下仁田ICから約20分
電車の場合→上信電鉄下仁田駅から南牧バスで約20分 「門札」下車
駐車場:なし
(南牧村活性化センターの駐車場から無料シャトルバスを10分間隔で運行予定)
問い合わせ先:0274-87-2011 (南牧村情報観光課)
URL :南牧村情報観光課 http://www.nanmoku.ne.jp/
 

6.音と光の花火大会

2018年8月15日 カネコ種苗 ぐんまフラワーパーク
フラワーパークのロマンチックな花火大会

ヨーロッパ風の建物と花火がマッチしたロマンチックな花火大会 (写真提供 : ぐんまフラワーパーク)

赤城山の南麓に位置する 「ぐんまフラワーパーク」 は、群馬を代表する花のテーマパークです。一年中、様々な花が出迎えてくれるスポットとして知られ、季節ごとのイベントも好評です。

真夏の園内ではダリアの花が見ごろを迎えています。また、ダリアは食べることもできるため、7月14日~10月21日まで 『まるごと美味しいダリアフェスタ』 が開催されており、園内のレストランでは、ダリアの花をまるごと揚げた天ぷらや、ぐんまフラワーパークオリジナルフレーバーのダリアのソフトクリームも販売しています。

夜の園内では音と光のコラボレーション花火が約3650発打ち上げられます。 太陽の広場から打上げられる花火を大迫力でお楽しみ頂けます。また、花火の前には、15時と18時45分から、琉球國祭り太鼓群馬支部のみなさんによる演奏も披露されます。

21時まで開園しているため、ライトアップされた植物もお楽しみ頂けます。特にスタッフがおすすめするのが、5棟ある温室です。まるで夜のジャングルに迷い込んだようなワクワク感を味わえるほか、昼間とは雰囲気を変え、ハイビスカスやブーゲンビレアなどを中心に夏のトロピカルガーデンを見ることもできます。

【DATA】
日時:2018年8月15日 (水)  19:30 ~ 
※荒天の場合は翌日に順延
会場:カネコ種苗 ぐんまフラワーパーク (入園料600円)
アクセス:車の場合→北関東自動車道 伊勢崎ICから前橋・渋川方面へ約30分、
関越自動車道 赤城ICから前橋・赤城方面へ約30分
電車の場合→JR前橋駅から上毛電鉄の中央前橋駅で乗り換え大胡駅下車、タクシーで約15分
駐車場:あり (521台分・無料)
問い合わせ先:0120-1187-38 (ぐんまフラワーパーク)
URL:ぐんまフラワーパーク http://www.flower-park.jp/
 

7.くろほね夏祭り花火大会

2018年8月16日 黒保根運動公園周辺
群馬北東部に位置する黒保根 (くろほね) 町では、お盆の時期の8月15日、16日の二日間にわたり 「くろほね夏祭り」 が開催されます。その祭りのフィナーレを飾る花火大会は、近くの河川敷から約2000発の花火が打ち上げられ、自然豊かな環境のなか風流な花火を楽しむことができます。 祭りには、人気のローカル線・わたらせ渓谷鐵道で行くのが便利です。沿線には、NHK朝の連続テレビ小説 「半分青い」 のロケ地にもなった沢入 (そうり) 駅などもあるので、一日フリーきっぷを購入して、のんびりと出かけてみましょう。

また、祭り会場は、“駅の中の温泉” が話題にもなった水沼駅から徒歩1分の場所です。一日遊んだあとは温泉でゆっくりし、花火を楽しんだあとは花火列車で家路につきましょう。花火の終了時間に合わせて臨時列車も運行されます。

【DATA】
日時:2018年8月16日 (土)  21:25 ~ 花火打ち上げ予定
会場:黒保根運動公園周辺
アクセス:わたらせわたらせ渓谷鐡道・水沼駅より徒歩1分
※花火の終了時間にあわせて臨時列車 「くろほね夏まつり花火列車」が運行されます。
(臨時列車は桐生駅行の最終便として1便のみ運行)
問い合わせ先:0277-96-2113 (桐生市黒保根支所 地域振興整備課 産業振興係)
URL : 桐生市 http://www.city.kiryu.lg.jp/kankou/event/kurohone/1001873.html
 

8.とねふるさと風の祭り&老神温泉納涼花火大会

2018年8月19日  老神多目的広場
夜空に広がる鮮やかな花火 

夜空に広がる鮮やかな花火 (写真提供 : 老神温泉観光協会)

老神 (おいがみ) 温泉は、尾瀬国立公園と沼田を結ぶ国道120号線 (通称日本ロマンチック街道) から少し入った片品川沿いに広がる温泉地です。この山あいの温泉地で開催される 「とねふるさと風の祭り」 は、小学生以下を対象とした魚のつかみどりやステージショー、神輿の渡御などが行われるほか、地元の味を楽しめる飲食店の出店などもあります。また、夜20時頃からは納涼花火大会も行われ、1尺玉をメインとする約3,000発の花火が温泉街の空に打ち上がります。

地元の観光スタッフがおすすめするのが、花火と温泉を楽しむミニトリップです。温泉に宿泊して、ゆっくりと花火を楽しむのはどうでしょうか?老神温泉からは 「片品渓谷」 や 「吹割の滝」 なども近く、自然を満喫できます。また、温泉街では4月から11月中旬にかけて名物の朝市が開かれ、地元の野菜、自家製の漬物、味噌など素朴な土地の味が手に入ります。

【DATA】
日時:2018年8月19日  (日)  祭り13:30~、花火20:00~
※小雨決行 (荒天時は花火のみ8月26日日曜日に開催)
会場:老神多目的広場
観覧料:無料
アクセス:車の場合→関越自動車道 沼田ICから約30分
電車の場合→JR上越線・沼田駅よりバスで約50分、上越新幹線・上毛高原駅からバスで約70分
問い合わせ先:0278-56-3013 (老神温泉観光協会)
URL:老神温泉観光協会オフィシャルウェブサイト http://www.oigami.net/
 

9.沼田花火大会

2018年9月8日 沼田市運動公園
沼田花火

夜空に広がる鮮やかな花火 (写真提供 : 沼田市)

平成25年に43年ぶりに復活した沼田花火大会は、今年で6回目を迎えます。全国各地の花火大会やテーマパークの花火ショーを手がける職人が、匠の技と最先端の技術で打ち上げる花火は一見の価値ありです!

沼田の夜空を彩る花火は、目で見る花火と耳で聴く音楽の相乗効果を引き出す演出で、まるでミュージカルを見ているような新感覚の花火ショーです。

花火大会のオフィシャルサイトからは、有料観覧席やお弁当なども申し込むことができます。沼田の花火とあわせて、たんばらラベンダーパークや、“東洋のナイアガラ” とも呼ばれる吹割の滝など、群馬北部の観光地をめぐることもでき、温泉や農園でのフルーツ狩りなども楽しめます。

【DATA】
日時:2018年9月8日 (土)  イベント開始14:00 ~、花火打ち上げ19:00 ~ 19:45 
会場:沼田市運動公園
観覧料:無料 (有料販売席あり)
アクセス:車の場合→関越自動車道 沼田ICから約15分、月夜野ICから約5分
電車の場合→JR上越線・沼田駅より徒歩約25分
駐車場:会場周辺に無料駐車場あり (交通規制などは公式サイトをご確認ください)
問い合わせ先:0278-23-1137 (沼田商工会議所)
URL:沼田花火大会オフィシャルウェブサイト http://numatahanabi.com/index.html
 

10.いせさき花火大会

2018年9月15日 ラブリバー親水公園うぬき
スターマインを中心とした迫力ある花火が楽しめる 「いせさき花火大会」 は、花火と迫力ある音楽の融合を楽しめるプログラムとなっています。

花火の打ち上げ会場にもなっているラブリバー親水公園うぬきは、広瀬川の河川敷に整備された自然豊かなレクリエーション施設です。園内にはバーベキュー広場、多目的広場などがあり、市民の憩いの場として利用されています。

【DATA】
日時:2018年9月15日 (土) 18:30 ~ 花火打ち上げ予定
※荒天の場合は、翌日9月16日 (日) に順延
会場:ラブリバー親水公園うぬき (打ち上げ会場)
西部公園、つなとりスポーツ広場、伊勢崎オートレース場など (観覧会場)
問い合わせ先:0270-27-2759 (伊勢崎市経済部文化観光課 観光係)
URL:伊勢崎市 https://www.city.isesaki.lg.jp/kanko/kanko/event/3355.html

※この情報は2018年7月現在のものです。
 お出かけの際は最新の情報をご確認ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。