火星人が全滅した原因は……!? 『宇宙戦争/1953年』

■あらすじ
火星人が地球を襲撃、世界中に現れて、町を次々と破壊していきます。
軍隊も全く役に立ちません。このままでは地球は火星人に支配されてしまう……。
が、ある時全ての火星人が攻撃をやめ、活動を止めてしまいます。
やがて火星人が、全て死滅していると判明しました。
地球人は、最後の土壇場で救われました。
さて火星人が全滅した原因は、ナント○○○○○でした。

■おすすめの理由

原作者はSF小説の元祖といってもいいでしょう、ハーバート・ジョージ・ウェルズです。
「タイムマシン」「透明人間」何度も映画化されていますが、これらも彼が原作者です。
2005年トム・クルーズ主演でリメイクされました。
が、オチが分かっているので、あまり楽しめなかったです。やたら騒々しかった記憶があります。

この映画は実をいうと、子供の頃に数回、TVでみただけですが、ラストは今でも印象的です。

おお! そうなのか!と正直思いました。
トム・クルーズ主演のを観てから、この作品のレンタルDVD探しているのですが、今のところ見つかってないです。

今、アマゾンで発見しました。DVDはありますね、でも買うまでもないし。
4179円だったら生ビール大9杯飲めるし(私の行きつけの店で月曜日限定)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。