1つに絞れませんが、Office系ソフトなら

 

 

ワープロ、表計算、プレゼンテーション、データベース、ドロー などのソフト。Microsoft Officeと互換性があるオフィススイートアプリケーションです。

Macで何をするかなのですが、クリエティブ系なら、AdobeのCSが不可欠でしょうが、普段遣いとなると、特にWinから乗り換えた人には、Office系ソフトがないのかと疑問に思うでしょう。

もちろん、MS社の各ソフトが入っていて、30日試用期間後有料となりますが、特に文書を一から作ることはそうなく、前に作った書類を開きたいとか、昼間仕事で作ったデータを家でも開いて確認したいとか友人からWinのデータが送られてきたという場合には、フリーの「OpenOffice」がとても便利と思います。

互換性はあるものの、フォント環境は変わりますので、段落が崩れたり、ページが納まりきらなかったり、問題は多少ありますが、確認したり、テキストをコピペすることも可能です。

■OpenOffice
http://www.openoffice.org/ja/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。