「人と人とのあらゆる縁」を結んでくれる神様に参拝

 

 

横浜中華街にある横浜媽祖廟には、良縁成就のご利益があるとされる「月下老人」様が祀られています。7月7日には「良縁祭」が行われるなど、恋愛成就や良縁を願う「パワースポット」として、多くの方が参拝に訪れます。

横浜媽祖廟の主神は媽祖様で、航海の安全、自然災害や疫病・戦争・盗賊から人々をまもる女神様として、世界中で信仰されています。廟内には媽祖様に仕える「順風耳」「千里眼」の将軍をはじめ、「文昌帝君」(学問の神)、「月下老人」(縁結びの神)、「臨水夫人」(安産の神)、「註生娘娘」(子宝の神)、「福徳正神」(金運・財運の神)が祀られています。

月下老人様は、「人と人とのあらゆる縁」を結んでくれる神様。男女の仲はもちろん、家族や友人との絆、仕事関係、人間関係など、その人に合ったすべての縁を良い方向へと導き、また、その人に合わない悪い縁は断ち切ってくれるとされています。

月下老人様にお参りし、晴れて良縁がかなった後は、必ず「金紙」をお供えして、お礼参りをすることをお忘れなく! お礼参りは祈願よりも重要なこととされています。

また、横浜媽祖廟では、中国式のおみくじを引いてみることをおすすめします。「よく当たる」とたいへん評判です。参拝の仕方やおみくじの引き方は、スタッフの方が教えてくれます。(廟内拝観料100円、おみくじ代200円)

■横浜媽祖廟(よこはままそびょう)
住所:横浜市中区山下町136(南門シルクロード)
電話番号:045-681-0909
開門時間:9:00~19:00
定休日:年中無休
料金:参拝は無料 ※廟内へ入るには拝観料100円が必要
アクセス:みなとみらい線 元町中華街駅 3出口(中華街口)より徒歩約3分
URL:http://www.yokohama-masobyo.jp/jp/index.html

※データは記事公開時点の情報です


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。