新鮮な生パン粉とちょっと甘めのソースが「勝烈庵」の旨さの秘密


勝烈庵

勝烈庵


横浜で創業85周年を迎えた「勝烈庵(かつれつあん)」をおすすめします。馬車道総本店、横浜駅に2店舗(ザ・ダイヤモンド店、相鉄ジョイナス店)、鎌倉店があります。

串を打って、長方形に整えられたトンカツ「勝烈定食(1470円)」がド定番。ヒレ肉のカツで、軽くてやわらか。衣がさくさくです! その秘密は、新鮮な生パン粉を使っているから。しかも、系列店の馬車道十番館で、勝烈庵のために特別に焼かれた食パンが使われています。

トンカツ定食には、ごはんとしじみ汁、キャベツ、漬物がついています。ごはんとキャベツのお代わりは自由。ほとんどの男性のお客さんがお代わりをお願いしていました。

勝烈庵の人気の理由のひとつは、ちょっと甘めの秘伝のソース。たっぷりとかけて食べる方が多いです。新鮮な野菜と果物がふんだんに使ってあり、じっくり煮込んで1日寝かせるのだとか。このソースは毎日作られ、毎日各店に配送されています。

馬車道にある総本店に行ったら、ここにしかないこだわりの銘柄豚を使ったロースメニューをお試しあれ。銘柄豚は、やまゆりポーク(神奈川・1890円)、桃園豚(山形・2200円)、三元豚(1680円)の3種類。ロースカツには、ロース用の辛めのソースが一緒に出てきて、それをかけると肉の旨み、甘みが引き立ちます。

やまゆりポークロースかつ定食(1890円)

やまゆりポークロースかつ定食(1890円)


毎月第3火曜日は「感謝デー」として、全店、全商品が1割引になりますので、その時に、こだわり銘柄豚のロースカツを試してみてはいかがでしょうか。

また勝烈庵の初代は、版画家・棟方志功氏と交流があったようで、店名の文字は氏が書いたもの。店内には氏の版画が飾ってあります。毎年10月中旬に行われる「かつれつ祭り(=創業祭)」では、氏にちなんだ記念品のプレゼントもあります。


■勝烈庵(かつれつあん) 【馬車道総本店】
場所:横浜市中区常盤町5-58-2
営業時間:11:00~21:00 ※年末年始は時間が変更
電話:045-681-4411
アクセス:JR関内駅北口より徒歩約5分
HP:http://www.katsuretsuan.co.jp/
※テイクアウトの店舗はこちら→ http://www.katsuretsuan.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。