ETF/東証に上場するETF(上場投資信託)の特徴

リートに投資するETFの分配金をチェック!(2ページ目)

「長期で安定的に分配金を受け取りたい」という人におすすめなのが、リート(不動産投資信託)に投資するETF。現在、国内では東証リート指数に連動するタイプ2本、オーストラリアのリート指数に連動するタイプ1本が上場しています。これらリートETFの特徴とこれまでの分配金実績についてご紹介しましょう。

執筆者:村岡 里香

  • Comment Page Icon
現在、国内に上場しているリートETFは3本で、いずれも東証で取引されています(平成25年9月24日現在)。それぞれの分配実績をご紹介しましょう。

東証REIT指数に連動するETFの分配実績

東証REIT指数に連動するETFは、以下の2本です。
(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信<野村AM>
上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型<日興AM>

下の表は、それぞれ直近3年間の分配金額を表したものです。過去の実績からも安定して高い分配金を出しているのがわかります。

東証REIT指数連動型上場投信は年4回決算、上場インデックスファンドJリートは隔月決算型です。※クリックすると拡大します

東証REIT指数連動型上場投信は年4回決算、上場インデックスファンドJリートは隔月決算型です。※クリックすると拡大します


ご参考までに、直近1年間の分配金利回りを計算すると、東証REIT指数連動型上場投信では4.1%、上場インデックスファンドJリートでは3.48%となっています(過去1年分の確定分配金と直近期末時点の取引価格を基に算出)。


豪州REIT指数に連動するETFの分配実績

海外のリートに投資できるETFは現在のところ1本のみ。オーストラリアに上場しているリート全体の値動きを表すS&P/ASX200 A-REIT指数(円換算)に運用成果が連動するETFです。
上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) <日興AM>

上場インデックスファンド豪州リートは隔月決算型です。※クリックすると拡大します

<分配実績> 上場インデックスファンド豪州リートは隔月決算型です。※クリックすると拡大します


分配金の実績は今年に入って少し下がっているものの隔月80円近辺をキープ。直近1年の分配金利回りは3.7%となっています。

金利や景気の動向には要注意

このように安定した分配金が魅力のリートETFですが、ETFの価格は常に変動していますし、これまでの分配水準が今後もずっと続く保証はないことは認識しておきましょう。リートETFを保有する上で、特に注意して見ておきたいのが金利の動向。長期金利が上昇すると、組入リートの借入金利の負担がアップするため、収益が減ってしまう可能性があります。また、景気動向や不動産市況にももちろん左右されます。元本割れのリスクが存在することもしっかりと理解したうえで、じっくり長く保有したい銘柄です。

【関連記事】
初心者に最適!国内ETFで投資デビュー
REIT投資 3つの魅力はこれだ!
不動産投資を身近に感じられる「REIT」
REITのリスクにも目を向けよう
TOPIX連動型ETFの配当をチェック

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます