TOPIX連動型ETFとは

ETFは株価指数連動型上場投資信託のことであり、税制等もおおむね上場株式の譲渡課税および配当課税が適用されますので、注目されています。いろいろな株価指数が使われていますが、日経225型とTOPIX連動型が主力となっています。TOPIX連動型ETFはTOPIXすなわち東証第1部上場全社を対象に算出される株価指数に連動するように運用されているものです。

個別銘柄の選定には自信がないが、日本経済全体の復調を買っておきたいというケースなどに、たいへん使い勝手がよい商品です。上場会社の決算はおおむね3月末であり、6月末頃の株主総会で当該会社の配当が決定されるのを待って、TOPIX連動型ETFは7月10日頃に決算を設定しています。

過去のETF配当を確認

ETFが登場してから今年で丸10年が経過したところですが、TOPIX連動型ETFと日経225型ETFのの配当実績は下記のようになっています。

市場連動型ETFの配当実績

市場連動型ETFの配当実績


各社の運用内容は同一ではありませんから、多少の凸凹はあっても不思議ではありません。株価指数連動型はいわゆるINDEX型の投資信託ですから、インデックスとなる株価指数の上下動にできるだけ忠実に連動して動く運用方針でなければなりません。株価指数に勝とうとするアクティブ型との根本的な相違点です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。