2012年春にオープンした古都の新名所「京都水族館」

入口

京都水族館の入口にて。ガイドはオープン直後におうかがいしました

 京都の新名所「京都水族館」は、京都市下京区にある梅小路公園の中にあります。総合エデュテインメント型水族館をめざし、2012年春にオープンしました。エデュテインメントとは、エデュケーションとエンターテインメントを組み合わせた造語。つまり教育と娯楽の両面を兼ね備えた施設で「観賞」だけでなく「体験」を重視した「遊びながら学べる」水族館なのです。

京都水族館には次の9つのゾーンがあり、そこにはイルカやペンギン、オットセイといったアイドルに会えるゾーンや、たくさんの工夫や遊びが見られる展示が揃っています。ガイドは、この9つのゾーンのうち4つを「アイドル活躍ゾーン」、5つを「工夫と遊びゾーン」と勝手に名付けてみました。

■イルカやペンギンたちがいる、4つの「アイドル活躍ゾーン」
ページ1 …… 【1】イルカスタジアム
ページ2 …… 【2】京の川ゾーン 【3】かいじゅうゾーン 【4】ペンギンゾーン
■遊びながら学べる、5つの「工夫と遊びゾーン」
ページ3 …… 【5】大水槽 【6】海洋ゾーン 【7】交流プラザ
ページ4 …… 【8】山紫水明ゾーン 【9】京の里山ゾーン ■プラスアルファ

では、見ごたえ&遊びごたえたっぷりな「古都の水族館」をゾーン別に紹介していきましょう(なお【 】内の数字は順路ではありません)。

4つの「アイドル活躍ゾーン」:【1】イルカスタジアム

水族館を代表するアイドルといえばイルカ。京都水族館では、ハンドウイルカの躍動感あふれるジャンプやチャーミングな姿が見られる「イルカパフォーマンス」を1日数回、イルカスタジアムにて実施しています。客席からは梅小路公園の芝生や大空、五重塔などが見渡せる開放的なスタジアムは水族館の一番人気です。
イルカスタジアム

青空が気持ちいいイルカスタジアム。京都タワーまで見える席もあります

イルカスタジアム

正面には五重塔や新幹線、公園内には梅小路蒸気機関車館なども

イルカスタジアム

観客から2人が選ばれイルカと握手できるパートもありました(これは常に実施しているわけではないのでご注意を)

 
次ページでは、オオサンショウウオやオットセイ、ペンギンなどが登場します。