43社の保有契約数合計は1億4694万件!

■保有契約数(個人保険+個人年金保険)
最初に、生命保険会社43社の保有契約の件数一覧です。2011年度に獲得した新契約の件数も含まれた数値です。保有契約は長年の業績が反映されているので、新契約とは違った順となっています。
生保43社の
保有契約件数(個人保険+個人年金保険)

生保43社の保有契約件数(個人保険+個人年金保険)


43社の保有契約合計は、実に1億4694万件にもなります。日本の人口を大きく上回る件数です。他に損保会社での医療保険・がん保険や、共済等に加入している人も多くいることを考えると、やはり日本人は心配性(!?)で保険好き(!?)なのかも知れません。

保有契約数の最多はアフラックの2182万件で、日本では6人に1人がアフラックの保険に加入していることになります。5社が1000万件を超えており、21社が100万件を超えています。

保有契約数合計に占める各社のシェアを計算してみると、アフラックの14.9%を筆頭に、日本生命9.9%、第一生命8.6%と続き、上位5社で48.3%になり、上位10社では74.4%に なります。

■保有契約数(個人保険)
保有契約件数のうち個人保険に限った件数になります。個人で加入する医療保険やがん保険はこの個人保険に含まれています。
生保43社の
保有契約件数(個人保険)

生保43社の保有契約件数(個人保険)


43社の合計は1億2719万件になり、個人保険に限ってもアフラックが最多の2158万件で、第一生命や日本生命とは倍近い開きがあります。かんぽ生命が毎年保有契約数を大きく伸ばしており、2007年10月の民営化から僅か4年半で800万件に達しています。ちなみに民営化前の簡易生命の契約は別に3102万件あります。

■保有契約数(個人年金保険)
次は、個人年金保険に限った保有契約の件数です。
生保43社の
保有契約件数(個人年金保険)

生保43社の保有契約件数(個人年金保険)


43社合計の保有契約数は1974万件で、日本生命が最多の314万9000件となっています。個人年金保険の保有件数は、いわゆる国内大手生保が上位に並んでいます。ジブラルタ生命は合併により対前年比で大幅増になっています。

次に保有契約の年換算保険料を見てみましょう。