【上級者向け】OS X Lionに戻す方法!?

基本的にはMacのOSを最新版にした場合、それ以前のOSに戻すことはできなくなる。App Storeからダウンロードすることもできない。
OSX Lion ダウンロードのエラー

OS X LionをApp Storeからダウンロードしようとしてもエラーが表示される


このような警告はOS Xのバージョンで判断されているため、回避するにはOS X のバージョンを変更しなければならない。

といってもそれほど複雑な話ではなく、バージョン情報が記載されているシステムファイルの「SystemVersion.plist」というファイルを編集すればOKだ。
SystemVersion.plist

SystemVersion.plist は システム/ライブラリ/CoreServices/以下にある。管理者権限がないと編集できないので注意しよう


ただし、SystemVersion.plistを編集する行為はAppleのサポート外となるため、重要なデータはバックアップした上で作業してほしい。

【編集方法】
1. App Storeを起動して「購入済み」画面を表示
2. アプリケーション/ユーティリティにある「ターミナル」を起動
3. 「sudo nano /System/Library/CoreServices/SystemVersion.plist」とタイプしてreturnキーを押す。そのあとパスワードを入力
4. 「10.8」と2カ所に書かれているのですべて「10.6.7」に変更し、保存(control + xのあと、y キーを押し、returnキーを押す)する
SystemVersion.plistの編集

SystemVersionを変更するとMountain Lionのアプリは起動しなくなるので注意しよう


5. App Store の「OS X Lion」の右側の「ダウンロード」をクリックすると「OS X Lion」のダウンロードが開始する。
Lionのダウンロード

OS X Lionユーザーは、App Storeの「購入済み」からLionをダウンロードが可能


6. OS X Lion のインストール画面が表示されたら成功。ただし、すでにMountain Lionがインストールされたディスクへはインストールしてはいけない。必ず新しくフォーマットされたディスクにインストールすること!
OS X Lionのインストール

ディスクの選択では必ずフォーマットされたディスクを選択すること。Mountain Lionに上書きしたらOSが起動しなくなる恐れがある


7. OS X Lionのインストール作業が終わったら、2.~3.を実行して、SystemVersion.plistの変更を元に戻しておこう!


【関連情報】
アップル - OS X Mountain Lion



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。