どうなるアーカイブス

ドラゴンフォース

言っとくけどこのタイトル自体、1996年のセガサターンのソフトのリメイクだぜ

一つ、PS2アーカイブスの生かし方として考えられるのは、サービス内容がいまいち充実してこない『PlayStation Plus』のテコ入れだ。

今までオマケ程度に配信されていたPSタイトルだが、ここにPS2タイトルの配信が加わればサービスの充実に繋がる。

また、シリーズ最新作が発売される際の販促ツールとしても有効だ。

シリーズ最新作が発売される際、過去のナンバリングタイトルをPS2アーカイブスで発売する、もしくは特典として配布するのは販促の効果が期待されるし、他機種との差別化にもなる。

PS2で育ったシリーズの最新作がXbox360で発売されたり、その逆のパターンがあったりと機種間の優位性がなくなりつつある今、今更ながらPS2資産の強みを活かすことができるのは強みだ。


甦れ!おっさんゲーマー!

SIREN

すでにPS3で「変な外人版」としてリメイク済み

これは世代的な問題だと思うのだが、PS3ユーザーからゲーマーが消えつつあるのではないか。

かつてのPSユーザーが親の世代になり、自由にゲームを楽しむことが難しくなってきている。だからこそ“おっさんゲーマー”にゲームアーカイブスが売れ、リマスターが注目を集めたりもするのだろう。

しかし、アーカイブスにせよリマスターにせよ、かつての資産の再パッケージにすぎない。一部のユーザーのためであっても、これがメインであってはならない。

PS2アーカイブスという選択肢が増えたにせよ、大事なのはその先。古い資産でおびき寄せされたおっさんを、再びゲーム漬けにさせるような、そんな施策が必要とされている。


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。