ツインバード・ドウシシャ・山善・siroca・アイリスオーヤマ・アピックスインターナショナル・コイズミ

扇風機売り場では、大手メーカーだけでなく数多くのメーカーが製品を展開しています。そんなメーカーの中から、手頃な価格で高性能扇風機を発売している5メーカーをご紹介します。


■ツインバード:コアンダエア 【EF-E981】※2017年4月発売
直径33cmの羽根で、眠りを妨げない静かな風を実現。独自の羽根形状でその風のような微風が得意。この「コアンダテクノロジー」はそのままに、2017年モデルは「究極のベーシック」デザインを実現。モーター部分をシンプルにし、そのモーター部分に操作ボタンを配置し立ったままで操作可能にしたり、支柱を鉄にしマグネット式のリモコンがどこにでも付くようにするなど、使い勝手も向上している。

 
【参考サイト】

メーカー製品サイト
お試しレポート「運転モードが多彩 ツインバード コアンダエアEF-D949B」


■ドウシシャ:d-desing・kamomefan Fシリーズ【FKLS-201D/FLKF-201D】※2016年4月発売
その名の通りカモメの羽をヒントに開発した扇風機。回転する羽根のプロである、船舶用プロペラメーカー「ナカシマプロペラ」の開発チームが担当。柔らかい素材の羽根でよりやわらかい風を送り出す。2017年新製品「kamomefan Fseries」は、三脚構造を採用しているのが特徴。持ち運びやすく、少しのスペースでも置けるのがメリット。Fシリーズは2展開、その他扇風機と合わせ全6タイプ展開とラインナップも豊富。

【参考サイト】
メーカー製品サイト


■山善:温度センサー機能搭載 DCリビング扇風機【YLR-HED301】※2017年4月発売
エアコンとの併用をコンセプトに、温度センサーを搭載。室温24/26/28℃に設定ができ、設定温度以上になると運転、以下になると停止する。日中はもちろん、就寝時にエアコンをタイマー運転する時に併用すればエアコンが切れたあとの寝苦しさ軽減してくれる。

その他「上下自動首振り・左右自動首振り」の上下左右首振りを組み合わせた『立体首振り扇風機』や、扇風機より涼しくエアコンより優しい、自然気化を利用した爽やかな涼風を送る『冷風扇』など製品バリエーション多数。


 【参考サイト】
メーカー製品サイト
メーカーニュースリリース
お試しレポート「手頃で高性能な扇風機 山善 DC MOTORファン YLX-AD30」


■siroca(シロカ):DCサーキュレーター扇風機【SCS-401】※2016年5月発売
DCモーター扇風機。最大の特徴は、真上に向けて逆回転をすることで、風が床にあたり柔らかく広がる「間接風」で、直接風にあたる不快感を軽減する新機能。他社にない発想がユニーク。価格も手頃。

【参考サイト】
メーカー製品サイト


■アイリス・オーヤマ:人感首ふり扇風機 LFDJ-301H ※2014年5月発売
人感センサーを搭載した新スタイル。人が居る範囲を感知して効率良く首振り運転して省エネかつ快適性をUP。複数の人が利用するリビングにおすすめ。

【参考サイト】
メーカー・扇風機サイト


■アピックスインターナショナル:DCリビング扇風機 GRAND EDITION【AFL-320R/330R】 ※2017年5月発売
デザインがキレイな小物家電をメインに展開しているメーカー。2017年は「熱中症対策 自動運転」機能を採用した新モデルが登場。温度センサーにより部屋の暑さを「警戒/注意/安全」とランプで表示し、それに応じて風量が自動で変わる。羽根径25cmと30cmの2展開。その他にも、サイトにはたくさんの製品があり、デザインやタイプも様々。

メーカー製品サイト


■コイズミ:コードレスマルチファン【KCF-2371】
縦型のスリムタイプとサーキュレーターのみを展開。コードレスと電源コードの2ウェイ。充電時間は5~6時間。最弱運転で8時間運転可能。コードレスはどこでも持ち運べるので、部屋干しのアシストや浴室や洗面所の湿気対策などの他、屋外でも使えるので、活用範囲が広がる。

 メーカー製品サイト

 


■扇風機のおすすめ・メーカー別INDEX


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。