帽子という意味の名を冠したこの小さな家は、子供達が交通のルールを遊びながら学ぶ交通公園の入口に面しています。正面の道路から1mほど立ち上がった土地に、基礎を兼ねたコンクリートのガレージを造り、その上に帽子がふわっと乗っている感じで建っています。

帽子のような小さな家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 交通公園から見た正面。
2. ガレージ脇のコンクリートの外階段は、途中から鉄板を折り曲げた階段に続いている。
3. 玄関ポーチとなっている幅1.5m、奥行き6mのテラス。


愛車の停まるガレージの脇から外階段を上がると、ウッドデッキのテラスに出ます。ここは縁側のような玄関ポーチです。玄関扉を兼ねた特注の大きなガラスの引戸を開けると、内部には白い空間が待っていました。

◆建築家プロフィールと建築データ