医療保険に加入するなら、保障内容が良くて保険料が安い保険に加入したいものです。しかし、数え切れないほどある医療保険の中から、どのように探していけばよいのでしょうか? 今回は、複数の医療保険を比較する際のポイントをまとめてみました。

医療保険の保障内容はどこも同じとは限らない

医療保険の保障内容はどこも同じとは限らない

医療保険の保障内容はどこも同じとは限らない

医療保険に加入する場合、同じ保障なら当然保険料は安い方が良いですが、医療保険はどこも同じようにみえても全く同じ保障内容はほとんどありません。

医療保険には主に病気やケガで入院した時の入院給付金保障と、手術をした時の手術給付金保障が備わっていますが、この2つの保障だけみても様々な設定があります。

入院給付金保障では、日額が同じでも、1回の入院で保障される限度日数に60日や120日があり、通算の限度日数も730日や1000日があります。また入院何日目から保障開始なのかが異なる場合もあります。手術給付金保障でも、入院給付金日額の10・20・40倍にしている保険や一律20倍にしている保険があります。さらには、保障対象となる手術にも違いがあり、付けることが可能な特約も各社によって異なります。

保険料を比較するなら同条件で

もし医療保険の保険料を比較するなら、保障内容を同じにしないとあまり意味がありません。保障の種類(入院給付金保障、手術給付金保障、先進医療保障など)だけでなく、先述のような1入院の保障限度日数や手術の保障対象、保険期間、保険料払込期間等も揃える必要があります。

ただ、保障が主だった入院給付金と手術給付金、先進医療の保障だけなら何社か同条件になりそうですが、その他に特約を付けていくとなると、同条件にはならなくなってきます。その場合は、特約を付ける前の段階で比べると良いでしょう。

>>医療保険の加入で絶対に必要な保障は何か