FUGLEN、ノルウェー語で「鳥」

1号店はオスロ、海外初進出の2号店は東京・富ヶ谷に。

1号店はオスロ、海外初進出の2号店は東京・富ヶ谷に。

どういうわけか、店名が鳥に関連するカフェには心惹かれることが多い。そんなことを考えていた矢先に、ノルウェー語で「鳥」を意味する小さな素晴らしいカフェが誕生しました。

北欧から海を越え、緑に包まれた代々木公園のそばに羽根をやすめた渡り鳥の名はFUGLEN。そこで提供される飲みもののクオリティ、空間デザインの魅力、店内に満ちているスピリットのいずれもが水際立った印象で、鳥の店名にまつわる私のジンクスは揺るがぬものになりました。

コーヒー王国ノルウェーの魅力を東京へ

ノルウェー製のヴィンテージ家具は購入可能

ノルウェー製のヴィンテージ家具は購入可能

近年、コーヒーのおいしさが世界最高水準にある国のひとつとして認知されはじめたノルウェー。WBC(ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ)でノルウェー人のロバート・トーレセンが初代チャンピオンになって以来、この国は次々に上位入賞者を輩出してきました。

FUGLENはそんなコーヒー熱の高まる首都オスロにあるカフェ。高品質のコーヒーバー+カクテルバー+ヴィンテージデザインの家具という3つの要素を融合させ、モノクル誌で「小規模資本によるベストコンセプト世界トップ5」にも選ばれた注目の存在です。

北欧モダン黄金期のデザインを体感できる場所

北欧モダン黄金期のデザインを体感できる場所

新緑の輝く代々木公園のすぐそばに誕生したFUGLEN TOKYOは、FUGLENの海外初進出となる2号店。
初めて店内に足を踏み入れるやいなや、北欧に瞬間移動したような錯覚に陥ったのは、1940年代に建てられた小さな建物の1階にノルウェー製のヴィンテージ家具が多数運び込まれており、腕にタトゥーを入れた物静かでにこやかなノルウェー人たちが、ドリルやノコギリを手にのんびりと作業中だったから。まだ内装が完成していなかったのです。

あくせく感の不在と、ハンドメイドの古い家具たちが並ぶ空間の豊かな魅力は、ノルウェーという国になじみの薄かった私をたちまち120%の興味で満たしてくれるほど鮮烈なインパクトをもたらしました。次ページで詳しくお伝えしましょう。