一過性の人気や華やかさで選ぶのではなく、浴衣「本物を身に付ける」ということを考える人が増えています。前回の「究極のオトナ浴衣 有松絞り編」に引き続き、オトナの浴衣として着物フリークならその名を知らない人はいない「竺仙(ちくせん)」の浴衣をご紹介します。


「浴衣なら竺仙」と言われ続ける理由

究極の浴衣(竺仙)

粋を感じさせる店構え

竺仙の創業は天保年間(1842年)。初代からの信条を頑なに守り、その技術、カラーなどの独特な持味を今に伝えています。現在では有名百貨店、高級呉服専門店にも多く出展していますが、その技術の確かさとセンスは「浴衣なら竺仙」と言われる程。

 

究極の浴衣(竺仙)

店頭にある明治時代の東京名物のポスター。中央上に竺仙の名前がある

江戸時代、竺仙は歌舞伎役者という当時のファッションリーダーによって人々の中に浸透。江戸土産にまでなり、その名前が全国に広がって行きました。

お店の中にはかなり豊富な種類がそろっていますが、どれを取っても「竺仙の浴衣」というエッセンスがちゃんと込められていて、目移りしそうな程です。

ここの浴衣は何といってもシンプルさが信条。「粋」という言葉に表現される垢抜けした色っぽさは、まさに引きの美学。これぞ江戸の粋!

 

究極の浴衣(竺仙)

目移りしそうな品揃え
  

それでは、このたくさんの中から今シーズンのおすすめをご紹介します。