豆大福、でなくあえて「豆餅」。リピーターと行列の絶えない京都の老舗和生菓子店『出町ふたば』

 
創業以来100年、和生菓子・赤飯などの専門店として、昔ながらの手法で作り続けているお店『出町ふたば』がオススメです。看板商品は「名代豆餅(160円)」。

豆大福でなく、あえて「豆餅」。甘さひかえめのこし餡に、ふっくらやわらかなお餅。しおっけのある赤エンドウがごろごろ入っていて、餡の甘さとの絶妙なバランスがやみつきになります。さらに個人的におすすめしたいのが、「餡なし豆餅」。
豆大福でなくあえて豆餅とうたっているだけの自信の味が堪能できます。

保存料などを使用していないため、半日たつとだんだん餅の表面がかたくなってきます。だからこそ、現地で買って、そしてなるべく早く食べていただくのが一番おいしいです。京都駅前のデパートや、東海道新幹線乗り場のコンコースでもゲットできますが、それすらも「味が違う」と評価する人もいます。ですので、中心街からすこし離れますが、確実にゲットできておいしい本店をオススメします。長蛇の列にはじめはビックリしますが、店員の手際が良いため、意外と待ち時間はかかりません。

1ヶ月ほど京都に滞在していたときに、一番通いつめたお店です。他のお店は一回行けばもう十分という感じでしたが、ここだけは「また食べたい」と自然に思えました。行列が絶えないのは、リピーターが多いからなのでは…と思っています。

■出町ふたば
住所:京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236
地図:yahoo!地図
営業時間:8:30~17:30
TEL:075-231-1658
定休日 :火曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。