街を優しく見守る歴史ある城、松山城

松山の地図

今回の行き先は【愛媛】
街を優しく見守る歴史ある城、松山城

江戸時代まで無数にあった城は、明治時代の廃城令によりその多くが壊されてしまいました。

しかし、その波を乗り越えて、戦国時代や江戸時代からの天守閣が今でも残る城は、日本国内には全部で12あり、そのうち四国には4つの城が集まっています。

今回はその4つの城の中から、松山城をご紹介します。小高い山の上から松山の街を見下ろせる松山城の天守閣は、松山のシンボルとして日々多くの方に親しまれています。

 

地名の由来になった松山城

松山城(1)/松山市役所前より

松山市役所前から眺めた松山城(2004年7月撮影)

松山城Yahoo! 地図情報)は、愛媛県の県庁所在地、松山市にあります。

関ヶ原の戦いが終わった直後の1602年より、伊予の国を治めていた加藤氏の手により、街の中にあった標高132メートルの山の上に築城されました。

そして翌年1603年には、城の場所にちなんで、この城のある地が「松山」と名付けられ、現在に至っています。

 

松山城(2)/伊予鉄道の市内電車と共に

松山城をバックに走る伊予鉄道の市内電車(2004年7月撮影)

小高い山の上にある松山城は、市内中心部からは見上げるような形で確認することができます。

伊予鉄道の市内電車との風景など、まさに松山をイメージする風景ですね。

 

それでは、松山城を目指しましょう。他の城ではあまり見ることがないアプローチ方法にも注目です。次ページに続きます。