人生経験の長い大人だからこそ楽しめるクルマ

さてシニア向きだと紹介した新型カローラの印象は変わったか? 結論から書くと全く変わらず。若い世代だと高価過ぎるし、70歳くらいまでの諸先輩なら、いろんな意味でジジ臭さを感じてしまうだろう。人生経験長い70歳代中盤からの大先輩なら、新型カローラの真髄を理解できると思う。
大人4人がゆったりと過ごせる快適な室内空間と、安心して運転できる広々とした視界を確保したという

大人4人がゆったりと過ごせる快適な室内空間と、安心して運転できる広々とした視界を確保したという


できれば1.3リッターに100万円くらいのグレードを用意すればよかった。カローラの記号性って「初めて買うクルマ」だと考えます。アジア地域で生産している『ヴィオス』と共通部品が多いのだから、格安モデルも作れたはず。そうすれば新しいユーザー層を引っ張ってこられたろう。


【関連サイト】
トヨタ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。