キャッシュカードで即時決済できるデビットカード

デビットカード

旅先でもキャッシュレスで即時支払い。

後払いのクレジットカードは使いたくない、現金を引き出すのが面倒、ATM手数料を支払いたくない、そんな人におすすめなのがデビットカードです。

日本で発行されているほとんどの銀行のキャッシュカードには、そのまま買い物の支払いに使えるJ‐Debit(ジェイデビット)の機能がついています。お店の端末に暗証番号を入力すると、即時、その銀行の口座から引き落とされる仕組みです。

メリットは、口座の残高以上の買い物ができないので、使いすぎを防げること。買い物と支払いの時期がずれることによる家計管理のわずらわしさもありません

J‐Debit(ジェイデビット)は、国内のJ‐Debit(ジェイデビット)加盟店で利用できます。

一方、日本国内はもちろんのこと世界各国のVisa加盟店で利用できるのがVisaデビットです。Visaのクレジットカードを使っていた場面で、あるいは現金で支払っていた場面で、Visaデビットカードを出せば、即時、銀行口座から引き落とされるデビット支払いとなります。クレジットカード払いと同様に「Visaで」と言ってサインまたは暗証番号を入力するだけ。「デビットカードで」と言う必要はありません(J‐Debit(ジェイデビット)と混同されないため)。J‐Debit(ジェイデビット)が実在の店舗のみで利用できるのに対して、Visaデビットはネットショッピングでも利用可能です。

またVisaデビットカードは、海外のATMからは口座残高を現地通貨で引き出すこともできます。

このVisaデビット機能が付いたキャッシュカードを発行しているのは、りそな銀行スルガ銀行楽天銀行、ジャパンネット銀行など。それぞれの特徴を見てみましょう。

次ページで紹介します。