自分へのお土産
カヤジャム、カシューナッツなどの豆系

カヤジャム

朝食のパンのお供にぴったり

カヤジャムとは、ココナッツミルクで作ったジャム。薄切りのトーストにバターを塗り、そこにカヤジャムをたっぷりのせたカヤトーストは、マレーシア定番の朝食メニュー。カスタードクリームのような、やさしい甘みがクセになります。おすすめは、パンダンの葉の香りをまとった、ほんのり緑色のカヤジャム。1個2~3リンギ(約60円)にて購入できます。ちなみにジャムは液体扱いなので、必ずスーツケースに入れて持ち帰ってくださいね。

 

種類も豊富! ナッツ系袋菓子

マレーシアのナッツ

マレーシアはナッツ系お菓子が豊富

マレーシア価格からすると、多少値のはるお土産ですが、私がマレーシアに行くと必ず買うのがナッツ系の袋菓子。かぼちゃの種、カシューナッツ、アーモンドなど様々な種類があり、味もおいしいです。おすすめは、キャメルブランドのカクテルミックス。無花果、アーモンド、レーズン、カシューナッツが一緒に入っていて、飽きずに食べ続けてしまいます。1袋15リンギ(約400円)ほど。頭をリフレッシュさせたいときやお酒のツマミにぴったりです。

 

料理好きにスパイス、バクテーの素、えびせん

マレーシアのカレー粉

お得サイズから、小サイズまで色々

料理好きなら、スパイスのコーナーをチェック。コリアンダー、クミン、フェンネルなどのカレー系スパイスや、グローブ、八角など甘い香りのするスパイスが種類豊富にそろっていて、それも格安です。マレーシア特産の黒コショウも忘れずに。また、カレー粉の種類も豊富で、魚用、肉用と分かれているほど。おすすめのカレー粉のメーカーはアダビ(Adabi)、ババス(BABA’S)。簡単に料理ができるカレーペーストなら、ブラヒム(Brahim’s)が有名です。サイズにもよりますが、値段は5リンギ(約130円)~ほど。

 

バクテーの素、えびせんの素

簡単にマレーシア料理が完成

最近、日本でも人気のマレーシアの薬膳料理バクテー(肉骨茶)。自宅で簡単に作れる漢方セットが、1袋で10リンギ(250円)で売っています。作り方は簡単。シナモン、八角、クコの実などの中国漢方パックを水、豚肉、油揚げと一緒に1時間ほど煮込み、最後に醤油、塩、オイスターソース、砂糖で味付け。やわらか豚煮込みスープが出来上がります。えびせんの素(乾燥せんべいのような形状)もおすすめ。油で揚げれば、ほんの数十秒でパリパリのえびせんが完成します。

番外編 インド系のローカルスーパーで
キッチュな皿をゲット!

インド系小皿

カレーパーティーで活躍するカレー皿をお手頃価格でゲット!

クアラルンプールのセントラルステーション近く、ブリックフィールズとよばれるインド人街のスーパーで、かわいい皿を発見! カレー屋でよく見かけるカレー皿や、インドの神様のガネーシャが型押しされたキッチュな皿。値段も3~10リンギ(100~300円)とお手頃です。小皿は軽くてかさばらないので、友人へのお土産にも重宝。ブルックフィールズのMangala Theebamにて購入できます。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。