実質負担を少なくしたい独身に向いた医療保険

■<特徴>最近では少数派になった掛け捨てではない医療保険
ソニー生命の「総合医療保険」では、月々支払う保険料は定期医療保険や掛け捨てタイプの終身医療保険よりも高くなりますが、実質負担(支払う保険料と解約返戻金または死亡給付金との差額)を抑えることができます。入院給付金・手術給付金・死亡給付金以外の保障は選択が可能です。

■<こんな人におすすめ>特に実質負担の少ない医療保険を希望する独身
掛け捨ての医療保険には入りたくない人、実質負担を抑えた医療保険を希望する人、保険料を短期間で払い終えてしまいたい人などに向いているのがソニー生命の「総合医療保険」です。ただ、月々の保険料は掛け捨てタイプよりも高くなることから、保険料負担があまり苦にならなさそうな、例えば30歳~40歳代くらいの独身におすすめしたい保険です。医療保険の解約返戻金は、解約するまでに入院給付金などを受け取ったことがあっても減額されることはありません。

■<活用のポイント>解約したら解約返戻金、死亡したら死亡給付金
ソニー生命の「総合医療保険」では、先進医療保障や入院初期の保障を付加しない、または保険料の払込期間を短くしたりすると実質負担をより抑えることが可能です。死亡給付金額は入院給付金日額の100倍ですが、解約返戻金が死亡給付金を上回る時は、解約返戻金と同額の死亡給付金が支払われます。例えば35歳女性が主契約(入院給付金日額1万円60日型・手術・死亡)のみ組み保険料払込期間を55歳とした場合(払込保険料約265万円)、80歳時点での死亡給付金は約215万円になるので、自分の葬式代として残す考えもよいでしょう。なお解約返戻金が支払った保険料を上回ることはありません。

総合医療保険/ソニー生命 商品情報

保険の種類
医療保険
加入可能年齢
満3歳~満85歳
保障期間のタイプ
定期型、終身型
保険料払込期間
1・5・10・15・20・25・30年、50歳~80歳の5歳刻み、終身から選べる
入院日額
日額3000円~2万円の範囲で設定できる
1入院の保障日数・通算日数
60日・120日・360日・730日から選べる・通算1000日
 
備考
様々な特約を組み合わせることで自由に設計できる
保険会社URL

※2013年10月8日時点の情報。商品の詳細は各保険会社に確認してください。

総合医療保険/ソニー生命 加入プラン例

保険の種類
医療保険
年齢・性別・保険料
35歳女性 1万1560円
保険期間
終身
保険料払込期間
55歳
入院給付金(1日につき)
日額1万円
 
1入院の保障日数・通算日数
入院5日目から保障 1入院60日・通算1000日
 
手術給付金
種類により1回につき10万・20万・40万円
その他給付金
死亡給付金100万円
備考
-

※口座振替・特に表示のないものは月払。2013年10月8日時点の情報。商品の詳細は各保険会社に確認してください。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。