PCを便利に使うためのツール「ガジェット」とは?

Windows 7には、ガジェットと呼ばれるデスクトップ上に表示される小さなプログラムを表示する機能があります。Windows Vistaではサイドバーと呼ばれる画面横の部分にしか表示ができませんでしたが、Windows 7では画面全体に自由に配置できるようになりました。
デスクトップ上に配置されたガジェット達

デスクトップ上全体に配置されたガジェット達


ガジェットはちょっと使いたい機能や、ふと情報を確認できる表示バー、ちょっとした生き抜き用の娯楽機能を持つものなど、様々なものがあります。いちいちプログラムを立ち上げるほどではないけど、でもちょっと使いたい。そんな場合にデスクトップ上にあるガジェットはとても便利な存在です。

このガジェットは表示・非表示を切り替えられるので、その時使うものだけを表示させることが出来ます。常に最前面に表示させたり、通常のウィンドウと同様に隠れてしまう設定もできるなど、多彩な使い方が可能なので、私のデスクトップ上には必ずガジェットが表示されています。

しかしマイクロソフトが配布していたWindows 7用のガジェットは既に配布が完了し、現在は入手が出来ません。しかしこのような機能を持つプログラムは数多くあります。たとえばウィジェットと呼ばれるものも、このガジェットと同じようなプログラムです。

そこで今回は現在でも入手できるガジェットの中から、私も実際に使っている有用なものや、ちょっと変わったガジェットを10個選んで紹介します。なおこの記事内では、ウィジェットとガジェットを併記しますがどちらも意味は同じと考えて下さい。


"駅" 時計 2.11

これは駅構内でみかける「あの」時計を再現したガジェットです。
”駅”時計2.11

駅にある「あの」時計のデザインを忠実に再現している。


このガジェットはスキンと呼ばれる表示変更機能により、様々な「駅の時計」に変身します。スキンによってはサイズが大中小とあり、パソコンの画面サイズや他のウィンドウとの兼ね合いで大きさを使い分けることができます。

私はパソコンで何か作業に集中したいとき、このシンプルなデザインのガジェットだけを表示させていたりします。あの見慣れたデザインは作業の邪魔になることなくそこにいてくれますよ。

【配布サイト】
http://www.tht-software.net/download_tsclock.html


世界時計・カレンダー:JAL国際線

航空会社のJALが提供しているデジタル式の世界時計がついたカレンダーです。
世界時計・カレンダー:JAL国際線

場所を選ぶと、その場所の地図も合わせて表示される。


このカレンダーのユニークな点は、選んだ都市の地図も合わせて表示される事です。通常の世界時計では都市名だけが表示されますが、地図も合わせて表示されるとよりその地点の時間を感じられるのが不思議です。

海外のスポーツなどを生中継で見るとき、この世界時計と共に観戦していると現地の時間が確認できるので臨場感がアップします。また、仕事が忙しくて海外旅行には中々行けないときも、このカレンダーを見ているとなんとなく旅行している気分になれます。

【配布サイト】
http://www.jal.co.jp/worldclock/