子ども用にパソコン利用の制限を付ける

子どもが利用するユーザーアカウントには好ましくないホームページの閲覧やゲームのプレイ時間など、パソコンでできることについて制限をすることもできます。

この制限をかけるには、これもパスワードの変更と同様にアカウントの変更画面から「保護者による制限の設定」をクリックします。
保護者による制限呼び出し

保護者による制限をしておけば、無用な心配をしないで済む。


表示されたユーザー選択画面から、設定を行うユーザーアカウントをクリックします。
制限を行うユーザーの選択

制限を行うユーザーの選択する。


「保護者による制限」にチェックをして有効にし、お好みに応じて各種設定を行います。それぞれの設定は以下のようになっています。

■時間制限
コンピュータにログオンできる時間帯を制限することができます。指定の時間以外はログオンできなくなり、既にログオンしている場合は自動的にログオフします。曜日ごとに異なる時間帯を設定することができます。

■ゲーム
ゲームへのアクセスを制限したり、年齢規制レベルを選択して禁止する内容の種類を選択したり、規制から外れているゲームや特定のゲームを許可または禁止することを決定したりすることができます。

■特定のプログラムを許可または禁止
パソコンにインストールされているプログラムのうち、子供に実行させたくないものを実行できないようにします。
制限の設定画面

この制限設定画面から各種設定を行う。






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。