辞書・辞典・地図用のiPadアプリ

■デジタル大辞泉(2000円)
http://itunes.apple.com/jp/app/id297431331?mt=8

25万3500語を載録する本格的な百科事典+国語辞典。7900を超えるカラー画像や7000を超える地図表示、約2万6000語の類語辞典も搭載している。手書き検索やほかの辞書との連携なども可能で、iPhoneやiPod touchで利用できるというのも魅力だ。
25万3500語を載録する本格的な百科事典+国語辞典アプリ「デジタル大辞泉」

25万3500語を載録する本格的な百科事典+国語辞典アプリ「デジタル大辞泉」


■Wikipanion Plus(450円)
http://itunes.apple.com/jp/app/id364202570?mt=8

オンライン辞書サイト「Wikipedia」に対応する百科事典アプリ。検索した語句のページをキャッシュする機能があるので、オフラインでも調べた語句を確認できる。
オンライン百科事典サイト「Wikipedia」対応の辞典アプリ「Wikipanion Plus」

オンライン百科事典サイト「Wikipedia」対応の辞典アプリ「Wikipanion Plus」


■MapFan for iPhone(2300円)
http://itunes.apple.com/jp/app/id354667360?mt=8

全国の地図データをローカルに収録したオフライン地図アプリ。アプリ名に「for iPhone」と入っているが、iPadでも使える。容量は約1.9GBとかなり大きいが、通信なしに全国の地図を確認できるので(内蔵GPSを利用すれば現在地も把握できる)かなり便利だ。通信機能を利用すれば、ルート検索やナビゲーションも利用できる。
日本全国の地図を収録するだけでなく、ナビゲーションにも対応する地図アプリ「MapFan for iPhone」

日本全国の地図を収録するだけでなく、ナビゲーションにも対応する地図アプリ「MapFan for iPhone」


■Google Earth(無料)
http://itunes.apple.com/jp/app/id293622097?mt=8

世界中の地図や衛星写真を見られる地球儀アプリ。世界各地の観光地の写真を楽しめる「Panoramino」や、各地にマッピングされたWikipedia記事などで世界中の情報を調べられるほか、位置情報を利用して現在地を表示したり、Google検索で世界中の都市や場所、お店やサービスなどを検索することもできる。
世界中の衛星写真や観光地の写真、Wikipedia情報などを調べられる地球儀アプリ「Google Earth」

世界中の衛星写真や観光地の写真、Wikipedia情報などを調べられる地球儀アプリ「Google Earth」


【関連サイト】
アップル iPad



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。