憧れのティファニー NY五番街本店

時代が移ろいでも、ティファニーのシンボリックな佇まいは不変

時代が移ろいでも、ティファニーのシンボリックな佇まいは不変の存在

“ティファニー ブルー”と称される青いボックスに、白いサテンリボン。思い描くだけで、うっとりしてしまう女性も多いことでしょう。時を超え世界中の女性を魅了してきたティファニーの本店は、ジュエリーショップという以上に、スペシャルな空間です。

あまりに有名な五番街の名所

遠くからでも絵になる外観

コーナーにそびえ立つティファニービル

映画「ティファニーで朝食を」の冒頭、オードリー・ヘップバーンがクロワッサンを食べながらウィンドウを眺めたあのシーン、その舞台であるティファニー本店は五番街と57丁目の角。1940年の移転オープン以来変わらない石造りの外観は、威厳に溢れています。しかしウィンドウを覗き込めば、まばゆい光を放つ宝石と緻密なデコレーションが織り成す豪華な世界にたちまち魅了されてしまいます。

 

荘厳な店内

格式を感じさせる店内undefinedphoto: Peter Pige

1階のメインフロア photo: Peter Paige

アールデコ調の飾りに縁取られたエントランスを抜けると、グレーとウッドを基調としたシックな店内へ。出迎えるスタッフの慇懃とした姿勢にも、一流店の格を感じさせます。

店内の構造は、

4階: シルバーウェア、陶器、クリスタル、ホームコレクション、レザー コレクション
3階: スターリングシルバーのジュエリーやデザイナー ジュエリー
2階: エンゲージメント リング、ステートメント ジュエリー
メザニン: 『ティファニー サロン』、『パテック・フィリップ・サロン』
1階: ダイヤモンド ジュエリー、デザイナー ジュエリー、ウォッチ

ティファニー サロンは特に稀少なジュエリーを求める人やカスタムデザインに対応するアポイントメント制のエクスクルーシブな空間。また、パテック・フィリップ社による全米初のサロンは、ティファニーとの160年に渡るパートナーシップの結晶ともいえる場所で、常駐する時計職人やエキスパートが歴史的マスターピースや貴重なコレクションを紹介しています。

 

ティファニーの歴史

一番人気の婚約指輪undefinedphoto: Tiffany

人気の婚約指輪 photo: Carlton Davis

1837年、ファンシーグッズとステーショナリーを扱う店として創業。1886年には六本の爪でダイヤモンドを支える技法『ティファニー セッティング』を世に発信。エンゲージメント リングの世界的スタンダードを打ち立て、アメリカのみならず世界のジュエリー業界を牽引する存在に。その後、エルサ・ペレッティ、パロマ・ピカソ、フランク・ゲーリーといった有名デザイナーによるコレクションも打ち出し、幅広いファンを獲得。

親から子へと、何世代にも渡って受け継がれ、誕生日や結婚など人生の節目をティファニーとともに祝ってきたという人も多いでしょう。175年も愛され続ける秘密は、ティファニーの長い歴史とともに培われた職人技術に裏打ちされたデザインとクオリティにあるのです。

 

おススメのお土産ギフトは?

Fifth Avenue Box(100ドル)undefinedphoto: Tiffany & Co

Fifth Avenue Box(100ドル)は小物入れに重宝しそう photo: © Tiffany & Co

老舗高級ジュエラーということで、店内のガラスケースには数百万円クラスの商品が当然のように並んでいますが、実は気軽に購入できる商品もあるんです。狙いは4階のホームウェアセクション。トランプカード(35ドル)、自由の女神やブルックリン橋が描かれた『フィフスアヴェニュー マグカップ』(35ドル)など、手ごろな価格帯で粋なお土産が見つかります。シルバーチャームやベビーギフトもおススメです。

<DATA>
Tiffany & Co.
住所:Fifth Avenue and 57th Street
TEL: 212-755-8000
アクセス: 5th Ave/59th St 駅より徒歩3分
営業時間: 10:00~19:00、12:00~18:00(日) 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。