ベリースタジオ

クラシックな袖が特徴のエンパイアドレスは穏やかな印象です 提供元:BERRYSTUDIO

ロイヤル・シック

昨年の英国ロイヤルウェディングから改めて見直されている、優雅で気品溢れるドレス。まさにプリンセスなウェディングドレスは、2011年に引き続き注目のテイストです。

上質な素材を使って、肌を覆ったデザインで・・・という普遍的なロイヤルドレスに加えて、今秋は新感覚のロイヤル・シックなドレスに注目!

たとえばロングスリーブのシンプルなデザインに異素材を組み合わせて使ったドレスや、シックでノーブルなデ ザインにポイントとなるモチーフを加えるなど、遊び心をプラスしたロイヤルドレスが提案されています。いつの時代でも変らず愛されるデザインに、2012年らしい感覚を取り入れたロイヤル・シックな花嫁を目指しましょう。


ウーアンジュ

ドレスの中にも普段のファッション感覚を取り入れた1着は、エンパイアとしてシンプルに着こなすことも可能 提供元:w*ange

モード

日本でも、そして世界でもファッションアイコンたちが次々と花嫁になる中、彼女たちらしいドレスセレクトが花嫁に大きな影響を与えています。

ケイト・モスや梨花をお手本に、自分らしいウェディングスタイルを目指したとき、“ウェディングドレス”としては少数派だったモードテイストが人気沸騰中。

ファッションを楽しむようにウェディングドレスを着こなす、こんなスタンスが支持され今秋は個性的なモードスタイルに大注目です。



グラマラス・ゴージャス

ホワイトドア

カットレースやオーガンジーを取り入れ、華やかでグラマラスなマーメイドスタイルをつくります 提供元:WHITE DOOR

グラマラスでゴージャスなウェディングドレスは、やはり主役を担う花嫁が譲れない人気テイストです。ただ華やかなデザインではなく、素材の上質さにディテールの細やかさなど、手が掛かっているドレスが多いのは昨年のロイヤルウェディングの影響から。

またスレンダーやソフトスレンダーなど、スカートラインにボリュームがないラインのグラマラスでゴージャスなドレスも要チェック。オトナ花嫁だからこそ着こなせるグラマラスなウェディングドレスは大注目です。