加賀恭一郎シリーズの8作目「新参者」

東野圭吾の作品で、私が好きなのが「新参者」です。

ドラマ化や映画化で話題の“加賀恭一郎シリーズ”を、まだ読んだことがない方へ、まずはこの作品をオススメしたいと思います。この作品は「加賀恭一郎シリーズ」の8作目にあたります。

”新参者”は小さな謎を一つひとつ解決していくというスタイルのために、非常に読みやすいです。サクサク読めます。

また加賀恭一郎という人物についてよく理解できますし、加賀恭一郎シリーズが他の推理小説とどこが違うのか、何故支持されているのかがハッキリと分かるハズです。

この作品を読んでみて、面白い!と思ったら、過去の加賀恭一郎シリーズを読んでみたり、最新作の”麒麟の翼”をよんでみるのもいいかもしれません。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。