横浜の穴場スポット「海上保安庁 工作船 資料館」

undefined

 

横浜赤レンガ倉庫のすぐそばにある「海上保安庁 工作船 資料館」。

ただ、あまり目立つ案内もなく、私も何度もここを通っていたのに、父に教えてもらうまで気が付きませんでした。名前のとおり、平成13年の九州南西海域での不審船事案のときの工作船がそのまま展示されています。

資料館の大きさは工作船より一回り大きいくらい。工作船のまわりにはそのときの回収物などが合わせて展示されており、ちょうど船のまわりを一周すると見学が終わるようになっています。

みなとみらい地区の散策途中に行くにはちょっとテンションが違うかもしれませんが、10分もあれば回れますし、入場無料なので、一度見てみる価値はありかなと。実物の資料だけに生々しさがあります。


■海上保安資料館 横浜館
住所:横浜海上防災基地(神奈川県横浜市中区新港1-2-1・赤レンガパーク隣)
地図:yahoo!地図
休館日:月曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始(12月19日~1月3日)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。