金持ち体質の人が家計簿をつけないのはナゼ?

買うときに必要・不要がわかっているのが金持ち体質

買うときに必要・不要がわかっているのが金持ち体質

私の周りの稼いでいる友人たちに聞くと、ほぼ全員、家計管理はしていないとのことでした。つまり、家計簿はまったくつけておらず、スマートフォンに入力などもしていない。これは彼らが、まだお金持ちになる前からのことだそうです。

なぜ彼らが家計簿をつけたりしていないかというと、「そんな時間があればほかのことをしたい」「そんなことをしても1円も生まない」からです。つまり、時間の無駄だと捉えているわけですね。家計簿やレシート管理による「お金の見える化」は、無駄遣いや衝動買いをしがちな人に有効なのであって、日ごろから「これは必要」「これはいらない」と明確な判断基準のもとにお金を使っている人には不要なものだということです。

また、現金ではなくクレジットカードを多用する傾向もあり、こうすると、カードの請求明細がそのままプチ家計簿になるという効果があるようです。無意識にやっていることは、「月収はいくらで、いくらまで使っても大丈夫なのか」を把握しているという点です。特に計算しているわけではなく、紙に書き出しているわけでもなく、ざっくりと頭の中で自分のお金の使い方を把握しているだけのようです。

私が実践するのは「レシートの保管」のみ

私の場合ですが、レシートの保管だけはやっています。というのも、会社からの給与だけでなく、不動産投資による家賃収入、講演や印税、ネットビジネスなどの副業収入があり、確定申告が必須だからです。そのため、「買い物をしたら必ずレシートをもらう」という習慣があり、日々財布からレシートを取り出し、レターケースに放り込むという作業をしています。

しかし普段は放り込むだけ。1年に1回、確定申告書を作るとき、1年間の膨大なレシートの束を取り出し、「これは経費算入できる」「これはできない」とふるいにかけ、エクセルシートに入力し、申告書を作成しています。我ながらやっぱりと思ったのは、カフェ代で年間15万円以上使っていたことでしょうか。

私の例はともかく、金持ち体質の人は、お金を使うときにすでに要不要を選別していますから、あとから振り返る手間がいらないということですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。