メンズ、レディス、ともにオメガウォッチの代表作として知られるコレクションが、1957年に登場した「スピードマスター」です。シーマスターを原型に誕生したスピードマスターは、1965年にNASAの公式時計へと採用。1969年にはバズ・オルドリンらが果たした人類初の月面着陸へと携行され、アポロ11号の名とともに、「スピードマスター プロフェッショナル」の名は世界中に知れ渡ることとなります。別称“ムーンウォッチ”として親しまれてきたスピードマスターは、手巻きの“プロフェッショナル”と自動巻きの“オートマティック”、コーアクシャル搭載の“ブロードアロー”などさまざまなバリエーションを展開しています。
スピードマスター レディス

「スピードマスター レディス クロノグラフ クロノメーター 38MM」 自動巻き、RG+SSケース×レザーストラップ×ダイヤモンド、38ミリ、101万8500円


「スピードマスター レディス」は、その名の通り、女性のためのスピードマスター。女性も使いやすい38ミリ径で、写真のモデルには、COSC認定クロノメーターとなる自動巻きムーブメント「キャリバー3304」が搭載されています。高精度クロノグラフもさることながら、やはりこの時計の魅力は、そのエレガントな色使いにあることでしょう。ステンレススティールケースとダイヤモンドセットのレッドゴールド製ベゼルリングのコンビネーションが、マニッシュな中にも柔らかな雰囲気をしのばせています。少しカーキめいた、都会的なグレーのダイヤルとストラップも魅力的。スピードマスターの堅牢性はそのままに、女性らしい柔らかなディテールを詰め込んだモデルです。

■問い合わせ
オメガお客様センター
TEL:03-5952-4400
http://www.omegawatches.jp

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。