JAPAN SHOP 2012 +建築建材展2012 視察レポート

「JAPAN SHOP 2012」 と「建築建材展2012」が3月6日~3月9日までの4日間、日経新聞社主催で東京ビッグサイト会場で開催された。
同時開催されたリテールテックJAPAN 2012/NFC & Smart WORLD 2012/SECURITY SHOW 2012/LED Next Stage 2012/フランチャイズ・ショー2012 を合わせた全展示会合計の来場者数は主催者発表で約23万6千人にのぼった。
この展示会の中で目についた、キッチン関連素材および出展されたキッチンをご紹介する。
japanshop2012

JAPAN SHOP 2012会場風景


 
イビデン建装
メラミン化粧板メーカーイビデン建装からは指紋がつきにくいNOSIMO(耐指紋)や半板目エンボス仕上などの新柄化粧板も数多く発表されたが、Meraffineという把手一体型ハンドルレスのキッチンや建具用扉材が目についた。化粧板だけの販売でなく、MDFをベースとしたシンプルなデザインをウリにしていた。
japanshop2012

イビデン建装


 
MAJA TRADING COMPANY
イタリアSTURM & PLASTIC社のSWEET(TULIP)と名付けたポリエチレン製の蛍光灯内照式ライティングオブジェは店舗用の商品だが、最近のポップなインテリアにも利用できる面白いアイテムだ。
japanshop2012

MAJA TRADING と アイカ工業


 
アイカ工業
同じくメラミン化粧板のトップメーカー「アイカ工業」の新柄化粧板は布、革、メタルなどを化粧紙として提案したものがユニークだった。またラフソーン仕上げ、浮造り仕上げ、チョーク仕上げなどの質感を強調したメラミン化粧板が多くなっている。

スガツネ工業 / LAMP
建築・家具金物メーカーのスガツネ工業からは、三枚扉が完全にフラットに収まるイタリアBortluzzi社のレールを使った「大型平面引き違い扉システム / BSスライダーL」やランプ印スイングリフトアップステー&スイングリフトダウンステー、縦軸で大型キャビネットが回転する回転金具などユニークな金物が数多く出展された。
japanshop2012

スガツネ工業


 
Hettich / ヘティヒ・ジャパン
ソフトクロージング機構のダンパーをヒンジの本体に内蔵した「ゼンシス」をはじめとする様々な機構のスライドヒンジやイノテックシリーズの引き出しシステムなど昨年5月にケルンで開かれたINTERZUMで出展された新製品の数々がいよいよ日本市場に本格登場。
家具金物の使用箇所とニーズに合わせた選択が、これからのキッチンデザインに欠かせなくなる。
japanshop2012

Hettich Japan


 
亀井製作所 / Repeat
創業64年を超えたミニキッチン専門メーカーの亀井製作所が、4月から販売を開始するキッチンFシリーズを発表。従来のミニキッチンから脱却したシステムキッチン市場への登場となる。
japanshop2012

亀井製作所


 
Kanaflex / Kanastone
工業資材メーカーのカナフレックスから登場した画期的な天然石複合パネルは、1800×600×15mm厚の大型パネルでキッチンの壁面はもちろんカウンター材としても活用できる新素材だ。
japanshop2012

カナフレックス


 
JAPAN SHOP & 建築建材展の詳細は公式サイトをご覧ください。

©Mar.2012 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。