「Lightroom 4」とはどんなソフト?

Adobe Photoshop Lightroom 4(以下、Lightroom 4)は、デジタルフォトグラファーに向けた写真の補正とに特化したグラフィックソフトです。名前が示すとおり画像編集ソフトの最高峰である「Adobe Photoshop」の系統として「Adobe Photoshop Elements」とともに属しています。
Lightroom 4のインターフェイス

Lightroom 4のインターフェイス



Adobe Photoshopは、写真に限らずさまざまなジャンルの画像を編集するためのプロ向けという位置づけから、多機能で、ツールの種類も多岐にわたり、使いこなすまでには経験を積む必要があります。

またAdobe Photoshop Elementsは、Adobe Photoshopの廉価版であり、あくまでも初心者向けという位置づけから、写真編集機能も限られてきてしまいます。

これらのソフトに対してLightroom 4は、PhotoshopおよびPhotoshop Elementsの写真の編集と管理機能を絞り込んで、さらに特化させた写真専用ソフトといえます。

ですから、今でこそ一般的な「写真編集」や「写真補整」といった操作を、Lightroom 4ではあえて昔から親しまれてきたフィルムから写真を作り出す「現像」という扱いに置き換えているのが特徴です。そんなところからも写真専用ソフトとしての趣を強く押し出しているといえるでしょう。

と書くと、なんだかとても難しそうなソフトですが、初心者でも直感的に写真を補整する機能が備えられているので、「趣味で写真をやってみようかな」と思っている方にもおすすめしたいソフトです。

主な機能としては、一眼レフやミラーレス、またはハイスペックのデジタルカメラが撮影・記録した「RAW(ロウ)」と呼ばれるデータを、思い通りの写真(画像)に仕上げるためのソフトですが、もちろん一般的なデジタルカメラで撮影したJPEGやTIFFといった、おなじみの画像データや映像を編集したり管理するツールも兼ねています。

ではこの「RAW」データ一とはいったいどんなものなのでしょうか。