離婚のベストなタイミングの見極め方とは?

離婚を決めるタイミングの見極め方とは

離婚を決めるタイミングは早ければいい、というものではありません。後悔せずに幸せな一歩を踏み出しましょう!

「これって、離婚?」という青天の霹靂型から、「もうそろそろ離婚したほうがいいのかもしれない」というチリツモ型まで、離婚で悩んでいる人は多いもの。とくに、まだ離婚するかどうか決定的でない状況の場合、修復の可能性も含めて、離婚のタイミングをはかるのはとても難しい問題ではないでしょうか。

子供がいる場合は、進学の問題なども考慮しなくてはなりません。ただし、もっとも重要なのは自分たち夫婦のことになります。

そこで今回は、離婚か修復かで迷っているときや、離婚のタイミングのはかりかねているときに指針となるポイントについてお話ししましょう。

離婚のタイミングの見極めポイント1:パートナーの気持ちを確認する

離婚のタイミングの見極めポイント:パートナーの気持ちを確認する

まずはじめに、パートナーの気持ちを確認しましょう

離婚のタイミングで迷ったとき、まずはじめにしたいのがパートナーの気持ちをしっかり確認するということ。離婚したいと考えている度合いがお互いに同じくらいでなければ、こじれてしまうケースが多いからです。相手の気持ちを確認する方法には、次のようなものもありますので参考にしてください。

■責任をきちんと自覚している?
浮気や暴力、借金など、離婚を考えるおもな原因がパートナーの側にある場合、まずはパートナーがそのことを自覚しているかどうかを確かめる必要があります。「オマエが悪いからオレがこうなった」といった、責任を転嫁するような言動が見られれば、話し合いがこじれるのは必至。離婚を切り出すタイミングを少し待って、まずは自覚をうながすところからはじめましょう。

■話し合いに応じる気持ちはある?
当然のことながら、離婚の話は楽しいものではありません。したがって、どちらかが逃げ腰になる気持ちも理解できなくはありません。とはいえ、離婚と修復、どちらの結論が待っているにしても話し合いは避けて通れないのも事実。夫婦で話し合う気持ちがあるかどうかを聞いてみて、少しずつタイミングをみはからうために前進していきましょう。

離婚のタイミングの見極めポイント2:「半年」の猶予期間をもうける

離婚のタイミングの見極めポイント:半年の猶予期間をもうける

離婚という結論を出すまでには、猶予を持たせたほうがいいでしょう

言うまでもなく、離婚は人生の大きな節目になるもの。ですから、もちろん即決は厳禁。たとえ、夫婦どちらかの決意がかたく、揺るぎない場合でも、離婚という結論を出すまでにはある程度の猶予を持たせたほうがいいでしょう。

とくに、パートナーにとって、離婚が寝耳に水の場合は要注意。突然、「離婚しましょう」と切り出されて、「はい、わかりました」と了承する人のほうがまれだからです。多くの場合、大混乱に陥り、ひどいケースでは逆上して暴力をふるったりする危険性もあります。

そこで、私がおすすめしているのは「半年間の猶予をもうける」というものです。「離婚したい」という意志をどちらかが表明してから、離婚するか修復するかを決めるタイミングを半年後に設定します。その間、お互いに自分の将来について「どうしたら幸せになれるか?」を真剣に考えるようにします。

もしも離婚を選択するようであれば、離婚後の生活についての十分なリサーチとシミュレーションも必要になるでしょう。新しい人生をはじめるつもりで、準備の半年間をもうけましょう。

>>次のページでは、相手の気持ちを考えたタイミングの見極め方についてお話しします